私たち人間にとっては何でもない音でも、犬には苦手な音である場合がありますよね。

犬の苦手な音は、毎日耳にするような生活音から、あまり聞かれない音まで様々なものがあります。

皆さんの愛犬は、どんな音に反応して怖がりますか?

また、怖がらせないための工夫などはしていますか?

愛犬の怖がる音を理解し、音によるストレスを出来るだけなくしてあげましょう。

そこで今回は、犬の怖がる音についてまとめてみました。

果たして、犬の怖がる音とは?ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

犬が怖がる音

 

  • 花火、雷

犬が怖がる音と言えば、最初に思いつくのは、花火や雷ではないでしょうか。

どちらも共通するのは大きな[ドーン]という音ですね。

花火や雷が落ちる音は人間が聞いても大きな音ですが、人間より遙かに耳の良い犬にとっては更にとんでもなく大きな音に聞こえてしまいます。

 

花火も雷も普段から聞く音ではないため余計に慌ててしまいますよね。

音に反応してソワソワしたり、どこかに隠れてしまう犬が多いですが、

犬によっては恐怖のあまり失禁したり下痢や嘔吐の症状が出る場合もあるようです。

愛犬を花火大会に連れて行く人をよく見かけますが、犬には花火の音は恐怖でしかありません。

 

抱っこしていても逃げていく可能性もありますので、連れて行くことは止めておいた方が無難です。

また、犬を外で飼っている人は、雷が鳴っている時や花火大会の日は犬を家の中に入れるなどして、犬が脱走しないように気を付けましょう。

 

  • ドライヤー、掃除機

飼い主さんが毎日使っている物でも、やはり大きな音は苦手です。

掃除機をかけている間中ずっと吠え続けている犬も少なくありません。

また、中には掃除機に噛みついてしまう犬もいるようですね。

犬が掃除機の高音に反応して吠えているという説もありますが、とにかく掃除する度に吠えられては大変ですよね。

掃除機やドライヤーを使用する時は、犬を抱っこしながらするか、クレート慣れしている犬ならクレートに入れると安心するかもしれません。

 

 

  • 電車やバイク

散歩中などに電車やバイクの音に反応して吠えたり逃げ出してしまう犬も少なくありません。

これは、子犬の時期の社会化不足が関係している可能性があります。

子犬は生後3か月までが一番好奇心旺盛な時期だと言われ、この時期に外の様々の音に慣れさせておく必要があります。

この時期に外の刺激を受けさせなかった犬は、後にあらゆる音に過敏に反応し吠えるようになると言われています。

 

電車やバイクの音を怖がらせないためには、慣れさせるしかありません。

無理強いしない程度に散歩などで毎日その音を聞かせるようにしましょう。

また、吠えなければご褒美をあげるなど褒めてあげると効果的です。

成犬からの社会化の練習は子犬の時期に比べると難しいですが、諦めず続けて下さい。

 

  • チャイム

チャイムが鳴るとけたたましく吠える犬は珍しくありませんよね。

犬がチャイムの音に反応して吠えるのは、音が鳴った後に人が来るのが分かっているからで、侵入者に警戒して吠えています。

チャイムの音を怖がらせないようにするには、音に慣れさせる必要があります。

一日に何度もチャイムを鳴らし、音に反応して吠えなければご褒美を与えるという方法を繰り返してみましょう。

 

まとめ

犬に限らず、動物は大きな音が苦手ですよね。

人間のように理屈なんて分からないので、大きな音がすれば「何か恐ろしいことが起こる」と思い怯えます。

それが普段聞かないような音なら、なおさら防御本能が働きますよね。

花火の音に驚いて脱走し迷子になってしまった犬の話は残念ながら毎年のように聞きます。

また、脱走して交通事故に遭ってしまう犬も少なくありません。

愛犬を危険から守るためにも防げるものは飼い主さんがきちんと防いであげて下さい。