皆さんはコーヒーがお好きですか?淹れたてのコーヒーの香りは、コーヒー好きにはたまらないですよね。

眠気覚ましも兼ねて朝は必ずコーヒーを飲むという人も多いと思います。

そして、飼い主さんが美味しそうにコーヒーを飲んでいれば、「それ、おいしいの?一口ちょうだい!」とコーヒーを欲しがる犬もいます。

「砂糖入れてないからいいかな?」と、コーヒーをあげてしまう飼い主さんもいますよね。

しかし、犬にコーヒーを飲ませるのはダメだって知っていましたか?

今回は犬がコーヒーを飲んでしまった時、体に与える影響などをまとめてみました。

Sponsored Links

犬がコーヒーを飲むことで考えられる体への影響

 

犬がコーヒーを飲むことで[カフェイン中毒]になる危険性があります。

カフェイン中毒とは、コーヒーや紅茶などカフェインが含まれる飲み物を、犬が誤飲することによって中毒症状を起こすことを言います。

飲んだ量によっては死に至る場合もあり、体重1㎏の犬に対して、100~200mgのカフェインが致死量にあたります。

チワワやマルチーズなど平均体重が2㎏ほどの超小型犬では、コーヒー2杯分(一杯150mlとした場合)が致死量と言われています。

 

このように、相当な量のコーヒーを飲まなければ致死量にはあたりませんが、少量でも中毒症状を引き起こす可能性は十分にあります。

(個体差もあり、どれだけの量を飲むと中毒症状を起こすとは言えません)

 

カフェイン中毒の症状

中毒症状では、まず落ち着きがなくなり、神経過敏、嘔吐、下痢、尿失禁、高熱などの症状が現れることがあります。

そして、重篤な症状に陥ると昏睡、痙攣などが起き、死に至る可能性が高くなります。

カフェイン中毒は飲んだ直後には症状が現れず、だいだい1~2時間経過してから起こると言われています。

 

カフェインが含まれる飲み物はコーヒーだけではなく、紅茶やお茶、ココアやコーラなどにもカフェインが含まれています。(ちなみに玉露のカフェイン含有量はコーヒーの2倍以上です。)

コーヒーだけではなく、カフェインが含まれる飲み物全般、注意が必要です。

 

病院での治療、対処法

カフェイン中毒に解毒剤はないため、口に入れた直後であれば吐かせる処置をします。

飲んでしまった量によっては胃洗浄や利尿を促すような処置も行われます。

また、症状によっては鎮静剤の投与、抗不整脈の投薬なども必要になります

 

カフェイン中毒はすぐに症状が現れないため、飼い主さんも「大丈夫だろう」と思ってしまいがちですが、きちんと動物病院に受診して下さい。

特に多量に摂取した場合は手遅れにならないうちに一刻も早く診察を受けて下さい。

その際、[いつ][何を][どれだけ飲んだか]を確実に獣医師に伝えましょう。

 

愛犬をカフェイン中毒にさせないために

愛犬がコーヒーに興味がある場合や一度でもコーヒーを飲ませたことがある場合、飼い主さんが目を離した隙にコーヒーを飲んでしまう可能性があります。

トイレやちょっとした用事など、わずかの時間でも犬の手の届く場所にコーヒーを置いて席を立たないように注意して下さい。

カフェイン中毒は飼い主さんの注意によって防ぐことが出来ます。

人間と犬は体の構造も大きさも違うため、人間と同じ物を飲み食いさせるのは犬の健康を害す可能性が高いですよね。

 

まとめ

カフェイン中毒、怖いですね。

幸い我が家の犬はコーヒーに全く興味がなさそうですが、もしかしたら急に興味が出るかもしれないので油断は禁物ですよね。

愛犬と一緒にお茶を楽しみたかった飼い主さんには残念ですが、愛犬の健康のために我慢しましょう!

コーヒー、紅茶は難しいですが、ジュースなどは犬用の物が販売されていますよね。

愛犬と一緒に野菜ジュースやフルーツジュースを楽しんでみるのはいかがでしょうか。