「皆さんの愛犬は何色が好きですか?」そう聞かれて即答できる飼い主さんはなかなかいないと思います。

犬は何色が好きかだなんて犬が答えてくれなければ分かりませんよね。

そもそも犬には白黒の世界が見えていると言われていますが、実際どうなのでしょうか。

そこで今回は犬の色彩感覚について調べてみました。

果たして犬にも人間の様に好きな色や落ち着く色などが存在するのでしょうか。宜しければぜひご覧下さい。

Sponsored Links

犬の色彩感覚

私たちは色を認識するために光を利用していますよね。

いわゆる赤、青、緑の光の三原色と呼ばれるものです。

人間は網膜内にある錐体(すいたい)と呼ばれる色を感じる3種類のセンサーにより、赤、青、緑を識別し、その3色の割合により様々な色を作り出すことが出来ています。

では、犬には[色]がどんな風に見えているのでしょうか。

 

一昔前まで犬は色盲だと思われていましたが、最近の実験結果で犬は色を識別できることが分かりました。

犬には2種類のセンサーがあり、犬の判別できる色は黄色と青だと言われています。

この2種類の組み合わせで色を作り出し、緑や黄色やオレンジなどは「黄色っぽい色」青や紫などは「青っぽい色」として見えているようです。

 

とはいえ、決して人間の様に色鮮やかに見えている訳ではなく、ぼんやりと薄暗く見えていると言われています。

また、犬は赤を認識することが出来ないと言われており、赤は薄暗いグレーに見えているそうですよ。

 

犬の好きな色とは?

犬の好きな色は実際のところは犬に聞かないと分かりませんが、やはり識別できる色の方が嬉しいのではないでしょうか。

例えば犬の目からは緑色も黄色に見えると言われているので、芝生でボール投げをする時は黄色のボールではなく、青のボールを選んであげると分かりやすくて良いかもしれませんね。

 

「じゃあ、ドッグフードも黄色や青色をしていたら喜ぶかも?」と思われる人がいるかもしれませんが、キレイな色のついた色鮮やかなドッグフードは着色料が使われており体に良いとは言えません。

犬はほとんど、匂いで美味しそうかどうか判断しているため、人間のように彩を気にする必要はありませんよ。

 

 

色がよく分からなくても犬はあまり不自由しない?

犬は色がはっきり分からず可哀想だと思う人もいますよね。

しかし、犬はもともと目からの情報だけに頼って生活していません。

一般的に犬は目のピントを合わせる機能が低いようで、視力も0.2~0.3程度しかなく、常にぼやけた世界が広がっているといわれています。

 

それでは不自由ではないかと思うかもしれませんが、犬には人の百万倍と言われる嗅覚があり、また、聴覚にも優れているため、匂いや音の情報により視力をカバーしているということになります。

また、獲物を捕らえるのに適した広い視野を持っており、動体視力も人間よりも遙かに優れています。

 

このように、視力や色を識別する力が少し弱くても、それを補うだけの能力が備わっているため日常生活を送るのにそれほど不自由を感じることはないと言えます。

また、人間は五感の中でも視覚で80%以上の情報を集めると言われていますが、

犬の場合、視覚で集める情報は20%程度だと言われ、犬は人間ほど目を重要視していないと思われます。

 

まとめ

犬の見えている世界、何だか不思議な感じですね。

今日、犬の散歩中に「私には景色がこう見えているけど、犬にはこう見えているのかなぁ」などと考えてしまいました(笑)

そういえば、我が家の犬のおもちゃの話ですが、以前よく遊んでいた青色のコングウァバがボロボロになってしまったので赤色に買い替えました。

 

しかし、赤色のコングには全く見向きもしてくれず、あれだけ好きだったおもちゃなのに何で?と思っていました。

なるほど。色も関係あるかもしれませんね。

今度おもちゃを買う時は色を参考にして購入してみます。

では、今日も愛犬と素敵な一日をお過ごし下さい!