犬が何かの匂いに反応してクシャミを連発している時ってありますよね。

私たち人間と犬とでは嗅覚が全く違うので、人間が微香だと思っている物も、犬にとってはかなり匂うのではないでしょうか。

ましてやそれが苦手な匂いだとしたら、鼻を押えて逃げたくなってしまうかもしれません。

嫌いな匂いをずっと嗅がせるのは犬のストレスにもなり兼ねないので、出来れば避けてあげたいですね。

でも、犬の嫌う匂いってどんなものがあるのでしょうか。

皆さんは愛犬の嫌いな匂いを知っていますか?

Sponsored Links

犬が嫌う匂い5つ!

 

  • タバコ

人間でもタバコが苦手な人にとってタバコの匂いはとても気になりますよね。

犬にとっても鼻やのどを刺激するタバコの煙はとても不快に感じるようです。

また、煙によりアレルギー性鼻炎になってしまう犬もいるので、愛犬の健康のためにもきちんと分煙を心がけて下さい。

また、換気もしっかりするようにしましょう

 

  • お酢

お酢のツンとした匂いは人間でも苦手な人は少なくないのでは?犬もあの匂いがダメなようです。

犬のトイレのしつけ用に、お酢を水で薄めた物をスプレーボトルに入れて使う飼い主さんも多いようですね。

また、家の壁などでおしっこをしていく犬の対策などにもお酢のスプレーは使われているようです。

 

  • アルコール

犬はアルコールにとても弱いようで、匂いを嗅いだだけでフラフラになってしまう犬もいるのだとか。

酔っ払って帰ってきて愛犬を抱っこしようとするのは犬にかなり嫌われる行為ですし、もしかしたら噛まれたりするかもしれないので止めた方が無難でしょうね。

 

  • 香水

飼い主さんご自慢の香水の香りも、もしかすると愛犬にとっては不快な香りかもしれません。

犬にも不快に思う香りとそんなに気にならない香りがあるようです。

犬の様子を見て、なんだか嫌そうにしていたら対処してあげて下さい。

また、芳香剤や整髪剤、人間用のシャンプー、アロマなど香りがキツイものは同じことが言えます。

 

 

  • 柑橘系

レモンやグレープフルーツ、オレンジなど、柑橘系の匂いが苦手な犬は多いようです。

果物は体に良さそうなので犬にも与えたいと思う飼い主さんもいるかもしれませんが、柑橘類の皮や筋などに含まれる[ソラレン]という成分が犬の中毒症状を引き起こす原因にもなると言われているので、苦手なら無理に食べさせることはありません。

もし愛犬が柑橘類を好きだとしても与え方をきちんと調べてから食べさせるようにしましょう。

 

 

番外編・犬が苦手な人

 

  • 初対面で突然触る人

知らない人にいきなり触られたら、私たちだってびっくりしますよね。

 

  • しつこい人

ずっと構われるのは犬も疲れてしまいます。

 

  • タバコや、香水の匂いをさせている人

体から犬の苦手な匂いがする人は犬も敬遠しがちです。

 

  • 大声を出しながら走ってくる人、動きが読めない人

小さな子供が集団になっている時などによく見られる光景ですが、「わー!犬だ!可愛い!」などと大声で叫びながら走って来られるのは犬にとってはかなりの恐怖です。

追いかけてきて犬を突然触ったりするのは犬がびっくりして噛むかもしれない危険な行為なので、飼い主さんも気を付けなければいけませんね。

 

 

まとめ

上記に挙げた5つの匂いは、犬が嫌う代表的な匂いですが、他にも犬によって嫌いな匂いってそれぞれあると思います。

例えば我が家の犬は、バナナの匂いが嫌いです。

バナナはたいがいのワンちゃんが喜ぶと思うのですが、我が家の犬にとっては天敵ともいえるほど嫌いな匂いのようで、バナナを見せただけで嫌な顔をします。ちなみに匂いを嗅がせると「やめろ」と吠えます(笑)

皆さんの愛犬が苦手な匂いは何ですか?きっと中にはちょっと変わった匂いが苦手なワンちゃんもいるのでしょうね。

 

それでは今日も愛犬と楽しい一日をお過ごしください。