愛犬が嫌がることって飼い主さんは何だか知っていますか?

体罰や怒鳴ること?それは嫌がって当然ですし、体罰など絶対にしてはいけません。

そうではなく、意外と飼い主さんが愛犬のために良かれと思ってしていることや、何気にしている行動を愛犬が嫌がっている場合があります。

愛犬のストレスをためないためにも犬がどんなことを嫌がっているのか覚えておきましょう。

Sponsored Links

犬が嫌がる5つのこと

 

  • 頭をなでられること

人間の子供は「いいこだねー」と頭をなでると喜びますよね。

飼い主さんが愛犬の頭をなでる時も「いいこだねー」という気持ちからなでていると思います。

しかし、犬にとって頭は[急所]であり、触られることに恐怖を感じる場所です。

愛犬が飼い主さんに頭を大人しく触らせるのは「あんたならまぁ大丈夫か」と愛犬が心を許しているからであり、本来、あまり嬉しくはない行為だということを覚えておきましょう。

なので、散歩の際などに、知らない人がむやみに愛犬の頭をなでようとしてきたら恐怖で噛む危険性もあるので「頭は怖がるので背中をなでて下さい」などと伝えましょう。

 

  • 抱っこされること

ほとんどの犬は抱っこが苦手です。

苦手な理由は拘束される恐怖や地面から足が離れることへの不安などからきているようです。

また、飼い主さんの抱き方が不安定なことから苦手な場合もあります。

抱っこしようとすると犬がいつも逃げる場合などは抱き方を見直してみましょう。

また、突然後ろから抱っこをすることは犬にとって「マウンティングされた」と恐怖に感じる可能性がある行為です。

突然の出来事に驚いて噛む可能性もあるので気をつけて下さい。

 

  • 大きな音や声

よく花火大会の日などに外飼いの犬がリードを引きちぎって脱走してしまったという話を聞きませんか?

人間にとっては素晴らしい花火も、花火を理解できない犬にとってはただの爆音です。

犬は人間より耳がずっと良いのでなおさら恐怖ですよね。

よく愛犬を一緒に花火大会の会場に連れて行く人もいますが、犬にとってあの音はただただ怖くて仕方がないということを知っておきましょう。

また、花火だけでなく雷やサイレン、人間でも大声で話す人は苦手なようです。

 

  • 匂いのキツイ人や物

犬の嗅覚は人間の数万倍優れていると言われています。

なので、人間にとって「ちょっとキツイかな」という匂いは、犬にとって「鼻がもげそうなほどキツイ匂い」だということですね。

犬が嫌いな匂いでよく挙げられるのは[お酢]です。あのツンとした匂いは人間でも苦手な人はいますよね。

そして、[お酒]も苦手なようです。犬はアルコールにとても弱いらしく、匂いを嗅ぐとクラクラしてしまう犬もいるのだとか。

お酒を飲んで愛犬に近付くことはやめた方が無難ですね。

他にも匂いがキツイと思われるものは犬のクシャミが連発する原因になるのでご注意下さい。

 

  • 起こされること

人間だって気持ちよく寝ている所を邪魔されたらとても嫌な気持ちになりますよね。

犬だって同じです。睡眠は体調を整えるためにも大切なことですので、用事もないのに触ったりして起こすことはやめてあげて下さい。

また、寝ている時に突然触ると犬がびっくりして力任せに噛む事もあるのでご注意下さい。

 

まとめ

犬の頭って何か可愛くてなでたくなりますよね。

とくにそれが愛犬ならなおさらだと思います。

でもその行為を愛犬が喜んでいないのなら止めておきましょうか(笑)

嫌いな音といえば我が家の犬も雷は本当に苦手で、雷が止むまでずっとソワソワしています。

夜中に雷が鳴っている時などは、寝ている私を起こそうとして、ずっとなめたり引っかいたりしてくるのでちょっと迷惑です(笑)犬にとっては、あんな大きな音がする中、平気で寝ている人間の方が信じられないのでしょうね(笑)

皆さんの愛犬が苦手なことは何でしょうか。

愛犬の苦手なことは、なるべく理解してあげるようにしたいですね。