愛犬がブルブルと体を震わせていると、寒いのかな?それとも何か怖い思いでもしたのかな?と思ってしまいますよね。

しかし、もし愛犬が体を硬直させながら震えているなら、それは痙攣かもしれません。

痙攣には様々な病気が考えられ、とっさの時に慌てないためにも飼い主さんが対処法を学んでおく必要があります。

今回は、犬が痙攣症状を起こす原因として最も多い[てんかん]という病気と、飼い主さんに出来る対処法についてまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

てんかんとは?

 

てんかんとは脳内の神経細胞の異常な興奮が原因で起きる病気です。

てんかんは犬の100頭に1頭の割合で起きると言われており、原因としては[突発性てんかん]と言われる原因不明なものや、怪我や疾患などが原因で起こるものがあります。

突発性てんかんは遺伝が関係していると言われており、比較的若い犬に症状が見られます。

また、てんかんの遺伝的要素を持つ犬種も存在し、ダックスフンドやビーグルなどはこれに当てはまります。

犬のてんかんのほとんどがこの突発性てんかんであると言われており、他にも

交通事故や脳腫瘍など、何らかの理由で脳にダメージを与えてしまったことによって起こります。

 

てんかんの症状

てんかん発作には、体の一部分が痙攣を起こす[部分発作]と全身で痙攣を起こす[全般発作]があります。

部分発作は意識がある中での体の一部が痙攣している状態なのに対して、全般発作では意識がなくなっている状態になります。

痙攣時に尿失禁、嘔吐、泡を吹くなどの症状が出ることがあり、発作は数秒~数分程度でおさまるものがほとんどですが、まれに1時間以上ということもあるようです。

その後、何事もなかったかのようにケロっとしていることもあれば、ぼーっとして元の状態に戻るまで暫くかかることもあります。

 

飼い主さんが出来る、てんかん発作の対処法

  • 揺すったり無理に起こそうとしたりしない。

かえって発作の症状を長引かせてしまう場合があります。

心配な気持ちは分かりますが、犬の体に手を添える程度にしましょう。

その際に噛みつかれる場合もあるので注意して下さい。

 

  • 周りの物を片づける

痙攣時に犬が怪我をしないよう周りの物を片づけて下さい。

また、走り出して壁に激突する犬もいるので注意が必要です。

 

  • 発作の症状をよく観察する

発作がどのくらい続いたのか、どういう症状だったのかをきちんと記録して動物病院で伝えて下さい。(録画などをしておくと状況を伝えやすくなり便利です)

 

てんかん以外に考えられる犬の痙攣原因

  • 熱中症

重篤な症状になると痙攣の他に失神、下痢、嘔吐などが見られます。

 

  • ジステンバー

体力のない犬や子犬にかかりやすく死亡率の高い伝染性のウイルス病です。

初期では発熱などの風邪に似た症状を出し、重症化すると麻痺や痙攣などの症状が出ます。

 

  • 中毒症状

チョコレートやたまねぎなど、犬が食べることによって中毒症状を起こすものがあります。

嘔吐や下痢などの症状が現れる他、中には痙攣症状が出ることもあります。

また、食べ物以外でも殺虫剤や除草剤などを誤って口に入れてしまった場合でも中毒症状を起こすことがあります。

 

いずれの症状も早期治療が望まれるので、速やかに受診して下さい。

 

まとめ

愛犬の突然の痙攣は誰でもびっくりしてしまいますし、動揺してしまいますよね。

私の友達が飼っているワンちゃんが遺伝的にてんかんを患っていまして、発作が出る時は、だいたいいつも夜中から明け方くらいの時間に出るのだそうです。

てんかん発作は、ワンちゃんはもちろんですが飼い主さんにとっても辛いもので、看病などにより心身ともに疲れてしまう飼い主さんが多くいるようです。

同じ悩みをもつ飼い主さんが集まるサイトなどもあるので、悩みを聞いてもらったり情報交換をすることで、少しでも「一人じゃない」と思って頂けたらと思います。