犬にとって危険な食べ物ってありますよね。

私たち人間は、食べると危険な物とそうでない物とを区別することが出来ますが、犬は人間の赤ちゃんと同じ様に、興味のある物や美味しそうな物は何でも口に入れてしまいます。

愛犬を守るためにも、そうした危険なものを遠ざける必要がありますが、飼い主の皆さんは犬が食べたら害になる物をいくつ知っていますか?

今回は、よく聞くものから以外なものまで、犬が食べると危険なものをご紹介します!

Sponsored Links

犬が食べると危険な食べ物

 

犬が口に入れると特に危険だと言われる食品は以下のものになります。

 

  • ネギ類(たまねぎ、ネギ、にんにく、ニラなど)

[たまねぎ中毒]という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

たまねぎ中毒とは、犬がたまねぎを食べることにより、たまねぎに含まれる成分が犬の赤血球を壊してしまうために起こります。

たまねぎ中毒になると、嘔吐、下痢、血尿などの症状が現れると言われており、血尿や急性の貧血などを引き起こす場合もあります。

たまねぎの他にネギ、ニンニク、ニラなどにも同じ成分が含まれているため、それらを扱う時には床に落とさないようにするなど犬が食べない様に気を付けて下さい。

また、食品を加熱しても毒性が消えないため、ハンバーグの残り物などにも注意が必要です。

 

  • チョコレート

犬のチョコレート中毒という言葉があるように、犬にチョコレートを与えることは大変危険です。

チョコレートには犬にとっては有害な成分が含まれているのですが、この成分がカフェインとよく似た成分だと言われています。

カフェインといえばコーヒーで有名ですよね。

カフェインには興奮作用、利尿作用などがあるのですが、チョコレートに含まれる成分もカフェインと似た働きをします。

犬がチョコレートを多量摂取することで嘔吐、下痢、興奮、不整脈などの症状が現れると言われており、痙攣、血尿などが起きる場合もあります。

食べたら危険な量というのは犬の体重や体質などによっても変わってきます。

多量に食べてしまった可能性がある場合は、すぐに動物病院に向かって下さい。

 

  • ぶどう、レーズン

ぶどうに含まれる成分で犬が中毒症状を起こすと言われています。

ぶどうを食べた犬が急性腎不全を起こしたという事例は多く、ぶどうだけでなく、レーズンにも同じ危険性があるようです。

主な中毒症状として嘔吐や下痢などが挙げられており、重度になると急性腎不全、尿毒症などを引き起こし、死に至る可能性もあります。

ぶどうは犬が食べると危険な食べ物としてまだあまり認知されていないので、家族にしっかり伝え、与えないようにすることが大切です。

 

  • 生肉

生肉は上手に与えることで免疫力を高めると言われていますが、一方で寄生虫の感染リスクがあり、なかでも豚肉は寄生虫に感染しやすいと言われています。豚肉を生で与えることは大変危険ですので必ず加熱処理をして下さい。

 

日用品にも注意が必要

家の中に何気なく置いてあるものや使用している物の中にも犬にとって危険なものがあります。

家族に喫煙者がいる場合はたばこに注意しなければいけません。

たばこの誤飲事故というのは犬にとても多く、特に何でも興味を持つ子犬などには注意が必要です。

他にも日用品として、殺虫剤はもちろん、消臭スプレーなどにも危険なものがあると言われています。

 

また、最近、犬へのアロマテラピーが広がりつつありますが、アロマオイルも種類によっては犬にとって毒となるものがあると言われています。

犬にとって危険であると思われるものは、使用時もそうですが、保管場所も今一度確認する必要がありますね。

 

まとめ

 

犬が食べると危険なものって本当にたくさんありますよね。

犬にとって危険と言われる食べ物や日用品は今回ご紹介した以外にもまだまだあり、その中には危険度が低めと言われるものもありますが、例え危険度は低くても注意するに越したことはありませんよね。

飼い主さんは、犬にとって危険なものを把握するのはもちろん、事故が起きた時の対応策などもきちんと知っておく必要があります。

また、そうした情報を家族内でもしっかり話し合っておくことで、愛犬への危険を回避したいですね。