皆さんの愛犬は散歩中に草を食べたりすることがありますか?

夢中で草を食べている姿は何だか面白くて、可愛かったりもしますよね。

思わず「そんなにおいしいのかい?」と聞きたくなるほど、ずっと草を食べ続けている犬も多いと思います。

一見ほほえましい光景ですが、犬に草を食べさせるのはあまり良いことだとは言えません。

なぜなら自然に生えている草花には犬にとって毒になるものが多いからです。

今回は犬にとって有毒だと言われる草を調べてみました。

ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

特に球根に注意!犬が食べてはいけない草

 

  • チューリップ

球根、葉、花と全ての部分に毒性があり、特に球根部分の毒性が強いと言われています。

球根が傷つくとアレルギー物質を作り出すため、触れると皮膚炎を起こす可能性があります。

誤食したことで嘔吐や下痢などの中毒症状が見られ、最悪の場合、心臓麻痺により死亡することもあります。

 

  • シクラメン

全ての部分に毒性があり、特に根っこの部分の毒が強いと言われています。

誤食したことにより胃腸炎、痙攣などの中毒症状が見られ、多量に摂取した場合、死亡することもあります。

 

  • ヒガンバナ

全ての部分に毒性があり、特に球根の毒性が強いと言われています。

接触すると皮膚炎を起こす可能性があり、誤食した場合は下痢や嘔吐、呼吸困難などの中毒症状が見られます。

また多量摂取などにより症状が重い場合は中枢神経麻痺などの症状が見られ、最悪の場合は呼吸不全で死亡することもあります。

 

  • スズラン

全ての部分に毒性があり、特に花と根っこの毒性が強いと言われています。

誤食することで、嘔吐、下痢などの中毒症状が見られ、症状が重い場合、痙攣、呼吸困難などが起こり、最悪の場合は死亡することがあります。

また、スズランを生けてある花瓶の水を飲むことでも中毒症状を起こす恐れがあります。

 

  • ユリ

全ての部分に毒性があり、中でも球根の毒性が強いと言われています。

特に猫に致命的な中毒症状を起こすことで知られ、死亡するケースが高いと言われています。

誤食することで脱水症状、腎臓障害を起こすと言われており、花瓶の水を飲むことでも中毒症状を起こす可能性があると言われています。

 

  • スイセン

全ての部分に毒性があり、特に球根に強い毒性があると言われています。

接触することで皮膚炎を起こす可能性があり、誤食することで、嘔吐、下痢、胃腸炎などの中毒症状が見られます。

 

散歩に行くときの注意点

 

散歩中に犬が草を食べることって珍しくないですよね。

特に胃の調子が良くない時などに草を食べて吐き出すことでスッキリしようとします。

しかし、上記のような危険な植物はまだまだたくさん存在しますし、除草剤や農薬が撒かれている心配があります。

普段は草花に関心がない犬でも、他の犬の尿がかかっていたりすると興味をもつかもしれません。

 

先ほども記載しましたが、犬にとって害のある植物は本当にたくさんあり、どれに害があってどれにないのか覚える方が難しいと思います。

ですので「散歩中に生えている草を食べさせるのは危険」くらいに思った方が良いかもしれません。

食べてしまうのは一瞬ですので、散歩の際は愛犬から目を離さないようにしましょう。

また、草花がたくさん生えている所を散歩する時はリードを短く持つなど、犬の行動をすぐに制止出来るようにしておくと安全かもしれませんね。

 

まとめ

 

犬も猫も草を食べたがりますよね。

犬が草を食べるのは胃の調子を整えようとすることだけではなく、栄養を補うために食べることもあるそうです。

人間でいうサラダみたいな感覚なのでしょうか。

 

犬によって草の好みも違うと聞くので、もしかしたら美味しいと思って食べている犬もいるかもしれませんね。

草を食べることが好きな犬には何だか少し気が引けますが、危険を回避するためには安易に食べさせない方が良いようですね。

愛犬に草を食べさせたい場合は、草を育ててみてはいかがでしょうか。

犬が食べる草として、ペットショップやネットなどで販売されていますよ。