犬が意味もなくずっと吠えていることを無駄吠えといいますが、犬も何かを訴えるために吠えています。

なので、吠えている犬に「うるさい」とただ叱るだけでは解決にはなりませんよね。

犬が吠える理由には様々なものがあり、その理由を取り除くことが無駄吠え防止に繋がります。

犬が吠える理由を探り、吠えをなくす方法を考えていきましょう。

また、効果がありそうな無駄吠え防止グッズもご紹介します!

Sponsored Links

 犬の無駄吠えをなくす

 

犬が無駄吠えをする理由として、次のようなことが考えられます。

  • 要求②恐怖心③ストレス④縄張り意識⑤怪我や病気の訴え⑥認知症。

それでは、これら①~⑥を順番に見て行きましょう。

 

  • 要求吠え

吠える度に犬の要求を叶えていると、「飼い主さんは吠えれば言う事を聞いてくれる」と犬が解釈してしまいます。

そのため「散歩に行きたい」「おやつが欲しい」など様々なことに対して吠えるようになります。

止めさせる方法は吠えている間は要求を聞かないことです。

犬が吠えている間は完全に無視をして下さい。

そして、吠えるのを止めた瞬間に思い切り褒め、要求を聞くようにして下さい。これを繰り返し行うことで、犬に「静かにしていれば良い事ある」と教えていきます。

また、毎日同じ時間に散歩に行くと、その時間になると吠えるようになることがあります。散歩時間は出来るだけ毎日変えましょう。

 

  • 恐怖心で吠える

子犬時代の社会化不足などの影響で、人や犬や物などに恐怖心や警戒心から吠えることがあります。

散歩中に知らない犬や人に吠えてしまう場合は、オスワリやフセをさせ、通り過ぎるのを待ちましょう。(オスワリやフセは犬が吠え辛くなる姿勢です)

吠えずに我慢できた時は思い切り褒めてあげて下さい。

また、散歩コースや時間を変えるなどして、避けることが出来るなら避けてあげるのも一つの方法です。

 

  • ストレスで吠える

運動不足や飼い主さんとのスキンシップ不足などでストレスが溜まり吠えるようになることがあります。

散歩やドッグランなどに出掛け、たくさん運動させてあげましょう。

また、スキンシップも多くとるように心掛けて下さい。

 

  • 縄張り意識から吠える

玄関のチャイムなどに反応して吠える犬はたくさんいますよね。

犬は侵入者から家を守ろうと一所懸命吠えているのですが、飼い主さんは困ってしまいますよね。

チャイムの音に反応して吠えているので、もし可能ならチャイムの音を変えてしまうのも一つの方法です。

また、人が来ない時にもチャイムを頻繁に鳴らすなどして、チャイム=侵入者という法則を犬から崩させるのも良いかもしれません。

とはいえ、しつけには時間と根気が要ります。近所迷惑で吠えるのを今すぐやめて欲しいという時は、あらかじめ訪問が分かっている場合は、犬をクレートに入れたり、家の外で犬と一緒に訪問者を待つというのも一つの方法だと思います。

 

  • 怪我や病気などで吠える

普段吠えない犬が何か訴えるように吠えていたら病気や怪我の可能性があるかもしれません。

勘違いならそれで良いので、まずは動物病院に受診されることをお勧めします。

 

  • 認知症で吠える

犬も高齢になると認知症を患うことがあります。

その症状の一つとして吠えることが挙げられます。

愛犬が高齢ならば認知症の可能性も視野にいれて動物病院にご相談下さい。

 

 

無駄吠え防止グッズとは?

 

吠えている犬に対して[天罰方式]として無駄吠えを止めさせる方法があります。

 

  • 大きな音を出す

貯金箱やペットボトルにビー玉を入れるなど、何か大きな音が出るものを使い、犬が吠えたら近くで慣らすようにします。

これを続けていくことで「吠えると怖いことが起こる」と学習するようになるようです。

 

 

  • スプレーをかける

吠えたら犬の嫌いな匂いを吹きかけます。

よく使われるのがお酢の匂いです。

お酢は水でかなり薄めて使用して下さい。

(犬はとても鼻が良いので少しの匂いでも効果はあります)

犬が吠えたらまず、「静かにしなさい」と注意します。

それでも鳴き止まなかったら、スプレーを犬の周囲に吹きかけます。(絶対に直接かけないでください。)

犬が「静かにしなさい」と言われた後に、この匂いを嗅がされると覚えると、「静かにしなさい」の言葉だけで吠えなくなっていくようです。

 

いずれにしても、飼い主さんの仕業だと分からないようにする必要があります。

飼い主さんの仕業だと犬に分かってしまうと、「嫌なことをする人」「怖い人」だと犬が思ってしまい、信頼関係を損なう可能性があります。

また、無駄吠え防止として、犬に電気ショックを与えるグッズがよく売られています。

痛いし、怖いので即効性はあるかもしれませんが、その代わりストレスで精神的におかしくなってしまったり、脱毛などが起こる場合もあるようです。

個人的には使用は反対です。

 

 

まとめ

犬にずっと鳴かれると近所迷惑も気になるし早く何とかしなきゃと焦ってしまいますよね。

しつけには時間がかかり、どうしても即効性を求めてしまいがちですが、その即効性にリスクはないのか、よく考えてから実行する必要があります。

しつけに行き詰ってしまったら、一人で悩むよりしつけ教室などで相談してみると良いかもしれません。

ドッグトレーナーにお願いするというと敷居が高そうな感じがしますが、動物病院などでしつけ教室を開催している所もあるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。