食べるということは人間にとっても犬にとっても生きる源ですね。

愛犬にはいつも食欲旺盛であってほしいものです。

でも、様々な理由により愛犬が餌を食べない時ってありますよね。

愛犬が餌を食べないと飼い主さんは「何か病気にかかったのではないか?」「変な物を食べたのではないか?」と、心配で色々なことを考えてしまうと思います。

今回は、愛犬が餌を食べない時に考えられるいくつかの原因や対処法について調べて見ました。

Sponsored Links

犬が餌を食べない原因と対処法

 

  • わがまま

一番よくある原因です。

犬がドッグフードを食べないからと、缶詰を与えたり、おやつを与えたりしていると犬は「ドッグフード食べなかったらもっと美味しいものがもらえる」と覚えてしまいドッグフードを食べなくなります。

また、食事の前におやつを大量に食べて、あまりお腹が減っていない可能性もあります。

対処法としては、餌を与えても食べなければそのまま下げてしまって下さい。

 

代わりの食べ物を与えてもいけません。

「これを食べなきゃ食べるものはないよ」ということを犬に教えましょう。

可哀想に感じるかもしれませんが、おやつや贅沢なものばかり与えていては不健康で病気に繋がる可能性も出てきます。

お腹が空いたら食べるようになるので、それまで続けて下さい。

また、匂いは犬の食欲を増進させる効果があるので、ドッグフードに少しお湯をかけて匂いを出してから与えるのも良いかもしれませんね。

 

  • 軽度の胃腸炎

食欲がなく、お腹がキュルキュル鳴っていることがあれば軽い胃腸炎を起こしているかもしれません。

何か消化に悪い物を食べてしまったことにより起こる場合があります。

自然に治ることがほとんどですが、心配でしたら整腸剤を与えて様子を見て下さい。

大概は一過性のもので、さほど深刻になる必要はありません。

しかし、食欲不振とお腹が鳴ること以外に嘔吐や下痢などの症状が現れるようなら何か深刻な病気の予兆であることも考えられます。

そのような症状が現れたら一度動物病院に受診して下さい。

 

  • 老化によるもの

人間と同じ様に、犬も年を取ると食欲は落ちていきます。

また、餌が硬くて食べられないなどの原因も考えられます。

対処法としては、ドッグフードをシニア用に切り替える、柔らかく消化の良い餌を与えるなど愛犬が餌を食べやすくなる工夫をしてあげて下さい。

また、どうしたら良いのか分からない場合は動物病院などで相談してみるのも良いかもしれません。

 

  • 犬風邪

咳、鼻水、発熱、目やになどの症状が現れる犬の病気を[ケンネルコフ]と言うのですが、人間に出る風邪の諸症状に似ていることから犬風邪とも呼ばれています。

犬風邪は特に抵抗力の低い子犬や高齢犬に多く発症し、食欲低下なども起こります。

悪化する前にすぐに動物病院に受診して下さい。

対処法としては、ワクチン接種をすること、空気の乾燥を防ぐことです。

環境を整え、清潔を心がけて下さい。

また、日頃から抵抗力を高めるサプリメントの摂取や、ビタミンを豊富に含んだものを食事に摂り入れると良いようです。

 

  • ヒート(生理)

メス犬はヒートのストレスや偽妊娠などが原因で食欲が低下することがあります。

ほとんどは時期が過ぎれば元に戻りますが、もしあまりにも食事も水分も摂らないようなら動物病院に受診して下さい。

対処法としては避妊手術をすることです。

 

まとめ

愛犬に食欲がないと、ついつい食べそうな物を与えたくなってしまいますが、原因がわがままからくるものの場合、悪化してしまうので気を付けなければいけませんね。

しかし、わがままではなく病気の可能性もあるので、食欲がない以外にも症状はないのかよく観察してあげて下さい。

食欲は元気のバロメーター!これからも愛犬がおいしそうに食べている姿が見られるようお互い頑張りましょう。