フライドチキンを食べていると愛犬が羨ましそうに見てきませんか?

人間と同じ様に犬にとってもチキンは大好物ですよね。

でも、フライドチキンは人間用に濃い味付けがしてあるので、犬に与えるのはよくありません。

「肉はだめでも骨なら犬にあげて良いのかな?」と、フライドチキンを食べながら一度は思ったことがあると思います(笑)

しかし、実は犬に加熱した骨を与えるのは大変危険なことです。

今回は愛犬が鶏肉の骨を食べた時に想定されることと、その対処法をまとめました。

Sponsored Links

犬に鶏肉の骨を与える危険性とは?

「鶏肉の骨は危険」と聞くと、恐らく細菌の心配をする人が多いと思います。

しかし、犬はもともと肉食なので、それに対応する強い胃酸を持っています。

なので、多少の菌ならば胃酸で十分溶かしてしまうことが出来るため、あまり心配はないと言えます。

鶏肉の骨で心配されるのは、割れた骨を飲み込むことによって内臓を傷つけてしまうことです。

フライドチキンの骨のように[加熱した骨]は噛むと簡単に縦に裂けてしまいます。

とがった骨は刃物のようになり、胃や腸に刺さることによって稀ですが腹膜炎を起こす可能性も指摘されています。

噛む力の弱い小型犬は、骨をきちんと噛み砕くことが出来ないので特に注意が必要です。

 

鶏肉の骨を食べてしまった時の対処法

犬が鶏肉の骨を食べてしまっても、たいていの場合は何事もなく済みますが、嘔吐や下痢などの症状が現れた場合、また、特に症状が出なくても心配な場合は動物病院に受診して下さい。

その際、どのくらいの大きさの骨をどれだけ食べたかという事を獣医師にきちんと伝えられるようにしておきましょう。

 

生の骨は与えても大丈夫

加熱した鳥の骨は裂けやすくなるため与えるのはNGですが、生の骨なら大丈夫です。

生の骨を食べることでカルシウムなどの栄養摂取や歯磨き効果が期待できます。

また、硬い骨を噛むことであごも鍛えられます。

このように犬に骨を与えることは実はメリットも沢山あり、与え方さえきちんとしていれば、犬にとってとても魅力的なおやつとなります。

お勧めの鶏の骨としては、小型犬の場合、手羽先の骨が噛み砕きやすいようです。

手羽先の骨を与える際は、一口サイズに切るなど安全に配慮しながら与えて下さい。

また、食べ慣れていないとお腹を壊してしまう可能性もあるので様子を観ながら分量を調整して下さいね。

 

危険をなくすために

犬が鳥の骨を丸のみしてしまった、いつの間にか食べていたという事例は少なくありません。

ゴミ漁りをしたり、テーブルの上にある食べ物の盗み食いをしたりと、犬が骨を食べてしまう機会は多々あります。

愛犬がゴミ漁りをしてしまうようならゴミ箱に蓋をするなどの対策が必要です。

そしてテーブルの上に乗ってしまう犬なら、人間が見ていない時に食べ物をテーブルに置いておかないようにしましょう。

また、散歩の時に犬が拾い食いしてしまうこともあります。

誰かが食べ捨てたチキンの骨が地面に落ちていることって意外とよくありますよね。散歩の時は犬から目を離さない様にして下さい。

 

まとめ

鶏の骨は加熱したものより生のほうが安全とは何だか意外ですよね。

また、鶏の骨だけでなく骨付きの生肉を与える飼い主さんも多いようです。

上記でも記載しましたが、犬の胃酸は凄いので鶏の生肉による細菌感染の心配はほとんどないようです。しかし、心配なようでしたら一度冷凍してから与えると良いようですね。

我が家の犬も蒸したササミなどはよく与えますが、生肉はまだ食べさせたことがないので、生の手羽先を今度与えてみようかなと思います。

とはいえ与える量などはきちんと考えないといけませんね。

それでは今日も愛犬と楽しい一日をお過ごし下さい!