皆さんは愛犬に市販のドッグフードを与えていますか?それとも飼い主さんの手作りフードですか?
食物アレルギーやダイエット目的など様々な理由により愛犬のフードを手作りしている飼い主さんは多いですよね。

しかし、フードを手作りするうえで必ず知っておきたいのは愛犬が食べると害になる物です。
人間とっては身体に良い物でも犬には害になる食べ物が沢山あります。
今回は犬が食べてはいけない野菜と果物をご紹介しますね。

Sponsored Links

犬が食べてはいけない野菜

[玉ねぎ]

犬に玉ねぎを食べさせてはいけないことは有名ですよね。
ではなぜ食べさせてはいけないのでしょうか。また、食べるとどうなってしまうのでしょうか。
犬にとって玉ねぎがダメな理由は玉ねぎの成分にあります。

玉ねぎに含まれる[アリルプロピルジスルファイド]という成分が犬の赤血球を壊してしまうのです。
犬の体に酸素を送る役割をしている赤血球が壊されてしまうことによって、貧血を起こしてしまうことがあります。

これがいわゆる[玉ねぎ中毒]と言われるもので、他にも血尿や胃腸障害など様々な症状が出ることが分かっています。
少量では問題ないとも言われていますが犬の個体差もあるため例え少しでも与えないに越したことはありません。
また、ネギやニラなども同じ理由から与えないで下さい。

[春菊]
冬はお鍋で大活躍する春菊ですが、犬にとっては中毒症状を引き起こす場合があります。

症状は嘔吐や下痢などが起こると言われており、また接触することで皮膚炎などの症状を招くこともあるようです。
量などの問題もあり全ての犬にこのような症状が出るとは限りませんが、春菊に限らず菊科の食べ物は与えない方が良いと言えます。

 

犬が食べてはいけない果物

[アボカド]
女性に大人気のアボカドですが、犬にとっては害のある食べ物のようです。
アボカドに含まれる[ぺルジン]という成分が犬にとって良くないと言われ、犬が食べてしまうことにより、嘔吐、下痢などの中毒症状を起こす場合があり、最悪の場合は死に至るとも言われています。

ペルジンは果肉だけでなく、アボカドの皮、種、葉にも含まれているので注意が必要です。
他の食材と同様、アボカドもどれだけ食べたら中毒症状が出るかなど個体差があるため分かりません。

もし食べてしまったら動物病院に相談してみると安心かもしれません。また、症状が現れてしまったら一刻も早く受診して下さい。

[レーズン・ぶどう]

今まさに旬の食べ物であるブドウをスーパーなどで買って行かれる人も多いのではないでしょうか。
しかし、飼い主さんがブドウを食べている時に愛犬が欲しがったとしても決して与えないで下さい。
犬がブドウを食べたことにより中毒症状を起こす場合があります。

その被害例も多数あり症状として、嘔吐、下痢、食欲減退、水分の過剰摂取、尿量の減少(または全く出なくなる)などが起こるようです。
死に至ったケースもあることから決して与えないようにして下さい。

もしブドウやレーズンを食べて上記の症状が現れた場合は決して素人判断せず、速やかに動物病院に受診して下さい。

[柑橘類]
グレープフルーツやレモンなど柑橘類の皮や筋には[ソラレン]という成分が含まれており、これが犬にとって下痢や嘔吐などの中毒症状を引き起こす可能性があると言われています。

犬に柑橘類を与えるかどうかは飼い主さんによっても分かれますが、与える場合は皮や筋などは必ず取り除き、与えても良い量をきちんと調べてからにして下さい。

 

まとめ

食べてはいけない物に限らず、身体に良いと言われる物も過剰摂取することは決して良いことではありません。
私達人間にとって玉ねぎは血液をサラサラにしてくれるなどの効果が期待出来る有難い野菜ですが、食べ過ぎることによって貧血や下痢、嘔吐などの症状が現れる場合があるようです。
愛犬への手作りフードも、身体に良いと言われる物を多量に与えるのではなく、少量をバランスよく摂り入れることが大切ですね。