子犬が成長していくにつれ、必ず訪れる甘噛みの時期。

甘噛みは、子犬が力加減を覚えるうえでとても大切な行動です。

この記事をご覧になっている飼い主さんは、今まさに手足を噛まれながら子犬の甘噛みと闘っている最中でしょうか。

[甘噛み]とはいうものの、時々本当に痛いことがあり辛くなってきますよね。

でも、なぜ子犬は飼い主さんの手や足を噛みたがるのでしょうか?

そこで今回はチワワの子犬が甘噛みをする意味を調べてみました。

Sponsored Links

甘噛みとは

子犬の乳歯は生後4~7か月くらいの間に永久歯に生え変わります。

そのため、この時期は歯のムズ痒さから何かを噛んでいたい衝動に駆られ、家具を噛んだり、飼い主さんの手や足を噛む行動に出ることがあります。

甘噛みと言っても噛まれれば痛いので、飼い主さんは大変ですが、歯の生え変わりが終了すればムズ痒さも解消されるので、時期が過ぎれば(成犬になれば)甘噛みに悩まされることもなくなります。

しかし、中には甘噛みが2年以上続くこともあり、これは歯の痒さとは別の問題になってきます。

それでは、子犬が甘噛みをする時、歯が痒いという以外にいったいどんな心理が働いているのか見ていきましょう。

 

動くものにじゃれている

犬は動くものを追いかける、捕まえるという習性があります。

動かないおもちゃより、動く飼い主さんの手足の方が面白いので、遊びの意味で噛みついています。

また、その時の飼い主さんの反応の仕方によっては更に噛む事が楽しくなってしまいます。

たとえば、「いったーい!」と言いながら逃げ回ったりすると犬は遊んでくれていると思い、興奮してさらに噛んでくる可能性があります。

止めさせる時は「痛い!」と低い声で唸るように言うか、「キャン!」と犬が痛い時に出すような声をマネして、痛いことを犬にきちんと伝えて下さい。

 

相手の反応を見ている

チワワが自分の立場を確認する意味で噛んでいるということもあるようです。

執拗に飼い主さんの手や足ばかりを狙って噛んでくる時には注意が必要です

この時に我慢してしまうと、噛まれても抵抗しない飼い主さんを「自分より下」だと判断してしまう恐れがあります。

チワワが飼い主さんを自分より下だと判断した場合、飼い主さんのいう事を一切聞かなくなってしまい、吠える、噛むなどの問題行動を起こすチワワになってしまう恐れもあります。

可愛いからといって噛むのを許すことはせず、噛んできたらきちんと痛いということを伝えて止めさせて下さい。

 

甘噛みを放置しておくと

子犬の時に甘噛みのしつけを全くされず飼い主さんの手足をおもちゃのように噛んで育ったチワワは、そのまま遊びで人を噛むようになります。

また、遊びの延長線上で本気で噛むこともあり、たとえチワワのような小さな犬でも本気で噛まれれば大怪我をする可能性があります。

噛み癖のついてしまった犬は、飼い主さんだけではなく他人も噛むことがあります。

そうなってしまうと最悪の場合、愛犬を手放さなければならない事態にもなりかねません。

一度噛み癖がついてしまった犬を直すのはとても大変なことだと言われます。

他人に迷惑をかけないという意味はもちろん、[愛犬を守る]という意味からも愛情をもってきちんと甘噛みのしつけを行って下さい。

 

まとめ

犬が物を噛むことは自然なことであり、それ自体は決して悪い事ではありません。

犬は口に物を入れることで色々なことを学んでいきます。

しかし、「ガムは噛んで良い物。」「人の手は噛んでいけない物。」という区別は教えてあげなければ犬は分かりません。

それを愛犬にきちんと教えてあげるのが飼い主の役目であり義務だと思います。

甘噛みのしつけは大変ですが、一時の頑張りです。

その時は痛くて嫌になったりもしますが、後になると良い思い出になりますよ(笑)

何より、「きちんとしつけをした」ということが飼い主さんの誇りになるのではないでしょうか。