もともと犬は嘔吐や下痢をしやすい動物だと言われていますが、下痢は体力をとても消耗するので、チワワのような小さな体だとなおさら心配ですよね。

チワワが下痢をする原因は様々で、なかには深刻なものや精神的な理由によるものもあります。

可愛い愛犬が下痢で苦しんでいると思うと、一刻も早く原因を突き止め、治してあげたいですね。

そこで今回はチワワの下痢についてまとめてみました。

愛犬の下痢の原因を知り、対処法を考えていきましょう。

Sponsored Links

チワワが下痢をする原因

チワワが下痢をする原因は、食事、病気、ストレス、老化、冷えなどが考えられます。

それでは順番に見て行きましょう。

 

  • 食事によるもの

食べ過ぎ、脂っこい物を食べた、人間用の牛乳を飲ませた、腐った物を食べたなど下痢の原因は食事によるものがとても多いようです。

また、ドッグフードを変更したことによって吐くことがあります。

餌が合っていない場合や、アレルギーによるものなども考えられます。

 

  • 病気によるもの

寄生虫、ウイルス、腫瘍などが原因で下痢になることがあります。

ワクチン未接種の場合や、子犬などは注意が必要です。

 

 

  • ストレスによるもの

人間でも緊張や不安などのストレスで下痢を起こすことはありますよね。

チワワも同じで、ストレスにより下痢をする場合があります。

環境の変化(例えば、飼い主さんに赤ちゃんが生まれたなど)によるものや、散歩の時間が少ないなど運動不足によるもの、スキンシップ不足によるものなど様々です。

 

  • 老化によるもの

老化が進むと腸内環境も乱れやすく、また消化機能の衰えから下痢になりやすくなります。

 

  • 体の冷えによるもの

夏、クーラーの当たり過ぎによって体が冷えてしまい下痢をするチワワも見られます。

他にも、玄関などの冷たい場所で長時間寝てお腹を冷やした、シャンプー後に冷えた部屋にいたなどの原因が考えられます。

 

家庭で出来るチワワの下痢予防

まずはワクチン接種を必ずしましょう。

ワクチン接種で重篤な病気から愛犬を防ぐことが出来ます。

 

食事を見直そう

食事量が多すぎて下痢になっている場合、量を少し減らす必要があります。

また、一度にたくさんの量を与えるのではなく、3~4回と小分けにして与えると良いかもしれません。間食も与え過ぎは下痢の原因になります。

 

シニア犬にはシニア用の食事を与えよう

シニアになると若い時に食べていたドッグフードが合わなくなり下痢をすることがあります。

消化によいシニア用のドッグフードを与え、噛むのが大変そうならお湯でふやかして与えるなどの工夫をすると良いでしょう。

 

愛犬のストレスをなくそう

散歩などをしっかりして、チワワと触れ合う時間を十分に取りストレスを溜めさせないようにしましょう。

長時間の留守番などもストレスの原因になります。

フォローを忘れないようにして下さい。

 

体を冷やさない工夫をしよう

チワワは寒さに弱いので、冬は服を着せてあげるのも良いですね。

夏はあまり冷えた場所に長時間いさせないようにしましょう。

シャンプーをしたらドライヤーでよく乾かしてあげて下さいね。

 

まとめ

愛犬の下痢の原因は見つかりましたか?下痢をしても元気や食欲があればさほど心配することはないと言われていますが、念のためにその日は愛犬の様子を観察して下さい。

特に子犬やシニア犬は注意が必要です。

もし、下痢をした後ぐったりとして食欲もなければ、すぐに動物病院に受診して下さい。

受診の際はトイレシートごと排泄物を持っていくと獣医師も診察しやすいと思います。

愛犬の下痢を完全になくすことを難しいですが、食事量の変更など、出来る範囲で少しでも下痢にならないような工夫をしていきたいですね。