一人暮らしだけどチワワを飼いたいという人の理由は様々で、癒しを求めて飼う人もいれば、行き場のない犬を引き取った人もいるかもしれません。

いずれにせよ、一人暮らしで犬を飼うということはとても大変です。

排泄の世話、食事の世話、散歩に通院など全て自分一人で行わなければいけません。

それでも一人暮らしで犬を飼いたいと思う人は、きちんと考えたうえで決めたことだと思います。

今回は、一人暮らしでチワワを飼う人、特に初めて犬を飼う人に向けてまとめてみました。

Sponsored Links

一人暮らしのチワワの飼い方

 

・ケージやトイレなど、チワワの飼育に必要なグッズは揃いましたか?

 

・暫く間、つきっきりでチワワの世話やしつけをすることは出来ますか?

(お盆休みや正月休みなど長期の休みを狙ってチワワを迎えましょう)

 

・まずは遊びたい気持ちは抑えて、チワワをケージの中に入れて休ませましょう。(家に来たばかりのチワワは緊張とストレスで抵抗力が落ちている可能性があります。)

 

・室温はチワワにとって快適ですか?チワワは暑いのも寒いのも苦手です。

 

・まだトイレが分からないチワワは、ケージ内の色んな場所に排泄をします。

排泄物を口に入れてしまう前に素早く片づけて下さい。

 

・食事については、生後2~4か月のうちはドッグフードを一日3~4回ほどに分けて与えます。

(子犬は消化機能が未発達のため、一度にたくさん食べさせるとお腹を壊す可能性があります。また、生後3~4か月の間はふやかして与えた方が良いとされています。)

 

・就寝時に電気を消したらチワワが寂しくて鳴きだすかもしれませんが、ケージから出さずに我慢です。

(ここで出してしまうと、鳴いたら出してもらえると学習します。)

鳴き声にどうしても耐えられなければ、飼い主さんの寝室にケージを置いてあげると解決する場合もありますよ。

 

 

一人暮らしの犬のしつけについて

 

一人暮らしで犬を飼うと[育犬ノイローゼ]にかかる可能性が高くなります。

犬のしつけが思い通りにいかないストレスや世話をする辛さからノイローゼ状態になるようです。

 

仕事から疲れて帰ってきて、すぐに散らかったケージの片付け、糞尿まみれの犬を洗い、興奮して大声で鳴く犬をなだめた後は散歩・・・と、休む暇がありません。

そのうえ就寝時に夜鳴きをされてしまったら本当にぐったりしてしまいますね。

さらに留守の時の鳴き声がうるさいと近所からクレームまで入ってしまったら、毎日がとても辛くなります。

 

この状況にノイローゼになってしまった人は体調を崩すことや、時には犬に暴力をふるうようになる人もいます。

「早くトイレを覚えてほしい!」「留守番で鳴かないようにしたい!」と気だけ焦ってもそんな簡単には覚えてくれません。

 

一人暮らしで犬を飼うと、しつけできる時間も限られており、普通の倍以上かかると思った方が良いです。

でも、決してずっとそのままではありません。

飼い主さんが根気よく教えていけば毎日確実に進歩していきます。

そして必ず覚えてくれる日がきます。

 

一人暮らしで犬を飼ったら

 

  • 上記の通り暫くの間は犬に癒されることはないと覚悟しておきましょう。

 

  • 困った時に相談に乗ってくれる人、助けてくれる人をきちんと探しておきま

しょう。

 

  • 留守中に犬が鳴いて近所迷惑になる場合があります。

 

脅しではなく引っ越しをしなければならなくなるパターンもあります。

犬を飼う際にご近所に「今度、犬を飼います。ご迷惑にならないようにしつけていきますので宜しくお願いします。」などと伝えておくと対応も違うかもしれません。

また、どうしても難しい場合、留守中に犬を預かってくれる人を探したり、ペットシッターさんにお願いすることを考えてみましょう。

 

  • しつけがうまくいかない時は、しつけ教室などに参加して、やり方を見直し

てみましょう。

 

 

まとめ

 

よくチワワは留守番が得意な犬種と聞きますよね。

でも、私は留守番が得意な犬なんていないと思っています。

どんな犬だって一匹は寂しいし、出来れば飼い主さんにそばにいてほしいです。

チワワは留守番が得意というより、留守番の寂しさを見せないのが得意というのが正しいのかなと私は思います。

きっと、「飼い主さん早く帰ってこないかな?」「早く遊んでほしいな。」と、飼い主さんの笑顔を思い浮かべながら留守番を頑張っていますよ。

帰宅すると家の中がとんでもないことになっているかもしれませんが(笑)多少のいたずらは大目にみて、まずは留守番を頑張った愛犬にとびきりの笑顔を見せてあげて下さいね。