皆さんは、愛犬の寒さ対策をどうされていますか?

チワワはとても寒さに弱いと言われているので、冬の留守番はとても心配ですよね。

寒い部屋でブルブル震っていたりしたら可哀想ですし、病気になってしまう可能性だってあります。

そんな時に一番活躍してくれるのが暖房器具ですよね。

しかし、暖房器具にはメリットもあればデメリットも存在します。

正しく使うことで留守中を安全に暖かく過ごしてほしいですね。

今回は、チワワの寒さ対策についてまとめてみました。

宜しければぜひご覧くださいね。

Sponsored Links

チワワは寒さに弱い

 

犬は比較的寒さに強いと言われていますが、犬種にもより、体の大きさなどの個体差もあります。

チワワはとても体が小さく、南国原産ということもあり寒さに弱いと言われています。冬は特に気を付けてあげて下さい。

 

暖房器具の注意点

 

寒くなると色々な暖房器具を使いますが、留守番時に使う際は注意が必要な物もあります。

冬になるとよく使う暖房は以下の物があります。

 

  • エアコン

寒さ対策として一番よく使われているのがエアコンではないでしょうか。

部屋全体を暖めてくれますし、愛犬の留守番時の安全面を考えると暖房器具の中ではエアコンが一番安心だと思われます。

しかし、エアコンを使用する際に気を付けたいのが乾燥ですよね。

エアコン使用時は加湿器も使うようにし、乾燥を防ぎましょう。

 

  • ホットカーペット

エアコンのように部屋全体を暖めるわけではないので、愛犬が好きな時に温まることが出来る便利なホットカーペットは、最近では犬用などもあり、愛犬の留守番時に使っている人も多いですよね。

ホットカーペットで一番気を付けたいのが低温火傷です。

たとえ低い温度で設定していても、ずっと同じ向きで寝ることで火傷をする可能性があるので、カーペットにはきちんとカバーを付けることが大切です。

また、自分で寝がえりが出来ないような老犬には使用しないで下さい。

 

  • ストーブ

ストーブは、寒かったら近くに寄って行き、熱くなったら後ろに下がるなど自分で暑さの調節が出来るところが利点ですよね。

冬はストーブの前を陣取る犬も多いのではないでしょうか。

しかし、あまりストーブに近付きすぎたりすると毛が焦げてしまったり、火傷をする危険性があります。

ストーブの周りをガードするなど、チワワがあまり近づけないような工夫が必要です。

また、火災の恐れもあることから石油ストーブや電気ストーブなどはチワワが留守番時に使用するのは止めましょう。

 

 

すぐに出来る寒さ対策

 

エアコンを使うほどの寒さではない時など、暖房器具を使わず簡単に出来る寒さ対策をご紹介します。

 

  • 服を着せる

日中は暖かい室内も日が落ちるととても寒くなります。

犬用の暖かいフリースなどを着せてあげましょう。

 

  • 湯たんぽ

湯たんぽは安全でとても温かいのですが、犬によっては嫌がって使ってくれない場合もあるようです。

使用する際はタオルなどを巻き、火傷をしないように気を付けましょう。

 

毛布

ケージで留守番をさせる場合は、ケージの天井部分に毛布をかけるとケージ内が暖まります。

 

 

冬は下痢を起こしやすい?

 

人間と同様に犬も冬になると下痢を起こしやすくなるそうです。

しかし、下痢になる原因は異なり、人間が冬に下痢を起こす一番の原因は冷えからくるものですが、犬の場合、冬はストレスからくる下痢が増えるそうです。

冬は寒さなどにより散歩に行けない日が増えたり、正月に遊びに来た親戚の子供等にもみくちゃにされてしまうなど犬のストレスがたまることが多いようです。

下痢を起こしたら愛犬の様子を観て、下痢の他に嘔吐の症状が現れたり、元気がない場合は動物病院に受診して下さい。

 

 

まとめ

チワワは犬の中でも服を着る機会がとても多い犬種なのではないでしょうか。

犬の服って人間顔負けのオシャレで可愛いものがたくさんあって、着せるのも楽しくなってしまいますよね。

愛犬とオシャレを楽しみながら冬を楽しく暖かく乗り切って下さいね!