夏になると毎年心配になるのが愛犬の留守番ですよね。

夏はエアコンが付いていないと、あっという間に室内が蒸し風呂のようになってしまいます。

もしそんな状況になれば、体の小さなチワワはひとたまりもありません。

夏の留守番対策はとても大切で、大げさではなく怠ると愛犬が命を落とす危険性があります。

今回は、暑い夏にチワワが快適に留守番できる方法をまとめてみました。

皆さんは愛犬の夏の留守番対策は万全ですか?

Sponsored Links

チワワは暑さに強い?

原産国がメキシコだという理由から、チワワは暑さに強いと言われていますが、暑さに強い犬などいないと思っておいた方が良いでしょう。

犬は基本暑さに弱いのです。

もし、多少暑さに強かったとしても、何の暑さ対策もされずに、日本の夏の蒸し暑さに耐えられる犬などいないと言えます。

 

熱中症に注意

毎年、夏になると熱中症にかかってしまう犬が必ずいます。

それにより命を落としてしまうケースも残念ながら少なくありません。

先ほど、犬は暑さが苦手と記載しましたが、犬は全身を被毛で覆われているため、人間のように汗をたくさんかいて体を冷やすということが上手に出来ません。

そのため体に熱がこもってしまいがちなのです。

特にロングコートチワワのような長毛種やダブルコートの犬種は熱中症の危険が高まりやすく注意が必要だと言われています。

 

エアコンは必須

電気代の節約のために、夏はエアコンではなく扇風機派の飼い主さんもいるかもしれませんが、扇風機は犬にとっては何の暑さ対策にもなりません。

私たち人間が扇風機の風を涼しいと感じるのは、汗をかくことで[気化熱](液体が蒸発(気化)する時に周りの熱を奪うこと)を利用しているからですよね。

しかし、犬の体は汗をかく箇所が少ないため気化熱をうまく利用できないのです。

そのため扇風機は犬の暑さ対策にはなりません。

夏は必ずエアコンを利用してあげて下さい。

エアコンの設定は湿度60%以下、室温25℃前後が適温だと言われています。

エアコン以外の暑さ対策

エアコンを使いつつ、簡単な暑さ対策として以下のことも取り入れてみましょう。

 

  • カーテン、すだれ

直射日光が当たると部屋が暑くなり、エアコンの効きが悪くなります。

カーテンを閉め、窓の外側に簾などを取り付けることで直射日光の侵入を防ぎましょう。

 

  • 扇風機

扇風機のみでは犬の暑さ対策として使えませんが、扇風機で空気を循環させることで部屋の温度の偏りを解消できます。

エアコンと併用することで冷房効率を高め、電気代を節約することにも繋がります。

 

  • 湯たんぽ

人間用の湯たんぽに氷水を入れるとヒンヤリして気持ちが良いです。

 

  • 犬用の冷却マット

冷却マットはジェル状のものからアルミやガラス、大理石で出来たものと種類も様々で、どのタイプが気に入るかは犬によります。

しかし、ジェル状の物は犬が噛んで中身を出してしまうケースも多々あり、やんちゃな犬には向いていないかもしれません。

 

 

車内に置いて行かないで

暑い日に犬を車に残したまま買い物などに出てしまい、戻ってきたら犬がぐったりしていた、死んでいたという話は少なくありません。

たとえエアコンを付けておいたとしても切れてしまうこともあります。

また、停車中は走行中に比べるとエアコンの効きが悪く、さらに直射日光が当たることからエアコンが付いていても車内は暑いのです。

夏に犬を車で留守番させることは、たとえ少しの間でもやめて下さい。

 

まとめ

人間にとって暑いと感じる日は、犬にとって死ぬほど暑い日です。

夏は散歩の時間を早朝に切り替えるなど、愛犬が少しでも夏を快適に乗り切れる方法を考えてあげて下さい。

また、愛犬を連れて車で出掛ける際は、途中でコンビニなどに寄らなくても良いように、あらかじめ食料など必要な物を準備してから出掛けると良いかもしれません。