犬はよく吐く生き物と言われているので、チワワが吐いている姿をちょこちょこ目撃することも多いかもしれませんね。

そういう理由もあり、愛犬が吐いていてもさほど心配をしないかもしれませんが、嘔吐には大丈夫なものから危険なものまで様々です。

愛犬がどんなものを吐いているのかが大切ですので、何を吐いているのかをきちんと確認しましょう。

今回は、チワワが嘔吐した時の原因や対処法をまとめてみました。

果たして、どんな嘔吐は大丈夫で、どんな嘔吐が危険なのでしょうか?

ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

お腹が空いて吐いていた

チワワが白い泡のようなものを吐くことってありますよね。

吐いたものをまた自分で食べてしまうチワワもいると思います。

白い泡の正体は「胃液」であり、ほとんどの場合はお腹の空きすぎが原因です。

空腹状態が長時間続いたことにより胃酸が多く出たり逆流することによって気持ち悪くなり吐いてしまいます。

 

嘔吐物によって危険度が違う

嘔吐物は色によって様子見で良いものもあれば、すぐに病院に向かった方が良いものもあります。

白や黄色の嘔吐物以外の、例えば、赤や黒い色の嘔吐をすればどこかから出血している場合や何らかの病気の可能性もあるので早急に動物病院を受診して下さい。

また、吐いた物の中に異物(おもちゃの破片など)が混じっていた時も注意が必要であり、早急に受診することをお勧めします。

 

嘔吐後の様子を観察する

吐いているものが白い泡でも、一日に何度も吐く時は注意が必要です。

嘔吐以外に他の症状、下痢や熱などはないか観察し、気になる症状があれば必ず受診しましょう。

嘔吐後にケロっとして元気に動き回っていれば特に心配はなく、ぐったりとして食欲もないようであれば注意して下さい。

 

空腹による嘔吐を防ぐ工夫

お腹が空いて吐くのはとても可哀想ですよね。

空腹による嘔吐を防ぐには以下のことを実践してみましょう。

 

  • 食事回数を増やす

食事と食事の間を開けすぎないように、一日3回、4回と小分けして与えてみましょう。

 

  • 食事量を増やす

それでも吐いてしまう場合は、食事量が足りないのかもしれません。

もう少し量を増やしてみましょう。

 

  • 腹持ちの良さそうな食材を与える(豆腐などは腹持ちもよくヘルシーなのでお勧めです)

 

  • フードボウルを食べにくい物に変え、ゆっくり食べさせる。

 

空腹以外の理由で胃液を吐くことがある

胃液を吐くと空腹だと思ってしまいますが、その逆に食べ過ぎによる胃もたれで吐いている場合もあります。

食べ過ぎによる嘔吐なら半日以上絶食することで様子をみましょう。

その際、必ず水分補給はさせて下さい。

また、ストレスで胃液を吐くこともあります。

散歩の時間や、一緒に遊ぶ時間を増やすなど、スキンシップを多めにとることでストレスを解消してあげて下さい。

 

草を食べる時は注意が必要

胃酸過多などの理由で犬が吐きたくて草を食べることがありますよね。

草を食べること自体はさほど悪いことではないのですが、なかには食べてはいけない草などもあり、犬は判別できないことから、食べさせる際には注意が必要です。

出来れば、得体のしれない散歩中に生えている雑草などは食べさせないほうが無難です。

 

まとめ

我が家の犬もよく白い泡を吐いていたので食事回数を増やしました。

最初は何で吐くのか分からなかったのですが、理由を知った時は可哀想なことをしていたなぁと反省しました。

犬は「お腹空いた」と言えないから、飼い主が気付いてあげなきゃダメですよね。

皆さんの愛犬は白い泡をよく吐きますか?それは食事回数や食事量を増やすことによって改善されましたか?もし、それでも吐くようであれば一度動物病院に受診されてみるのも良いかもしれません。