チワワの子犬って本当に小さいですよね。

よくチワワの子犬が飼い主さんの手のひらにすっぽり収まってしまっている写真などを目にする度に、チワワの小ささに驚きます。

そんなチワワの成長を見守る中で、やはり気になってくるのが我が子の体重ではないでしょうか。

なかには「うちの犬、まだ生後2か月なのに、もう体重が1㎏あるけど大丈夫かな」と心配する飼い主さんもいれば、なかなか餌を食べてくれず、食の細さに苦戦している飼い主さんもいることでしょう。

そこで今回は、そんな気になるチワワの成長についてまとめてみました。

かわいいチワワの健やかな成長を願いながらお読みいただければ幸いです。

Sponsored Links

チワワの成長はいつまで?

チワワは犬の中で最も小さな犬種と認められており、平均体重は成犬で1~3㎏。体高の平均は15~23㎝ほどです。

生後6か月までがチワワの最も成長する時期で、この頃に体重が一気に増え、体高も伸びていきます。

チワワの成長は8か月までに止まることがほとんどですが、なかには1歳過ぎても成長し続けるチワワもいるようです。

 

 

平均より大きなチワワは肥満?

ギネス記録にもなっている世界最小のチワワは、体高が9㎝弱で体重が450gなのだとか。チワワの平均体重、体高と比べるとかなり小さいことが分かりますね。

 

チワワの大きさには遺伝などの影響で個体差があり、必ずしも体重が1~3㎏で体高が15~23㎝になるとは限りません。

上記のような極小チワワと言われる1㎏未満のチワワもいれば、[デカチワワ]の愛称で知られる4㎏以上のチワワも珍しくありません。

 

大きい=肥満と言われれば必ずしもそうではなく、たとえ平均より体重が多くても健康的で体格にあった体重であればそれがその犬の適正体重といえます。

なかには「小さな子にしたい」という思いから、わざと餌の量を減らしてしまう飼い主さんもいるようですが、成長期に食事量を減らす行為は後の健康にも影響してきます。

 

 

チワワの体重の測り方

体重の測り方

体重を計る時は、まず、愛犬を抱っこした状態で体重計に乗り、次に飼い主さんだけ体重計に乗ります。

抱っこして乗った時の体重-自分の体重=愛犬の体重になりますね。

体重計はデジタルの方が分かりやすいです。

また、子犬のうちはキッチンスケールで計る飼い主さんもいるようです。

 

体高の測り方

体高とは、犬が立ち上がった時の地面から背中までの高さをいいます。

メジャーは、鉄製の物を使うと測りやすいようですね。

 

食事の与え過ぎに注意

健康的なチワワを育てるために月齢に合った量の食事を与えましょう。

チワワは体が小さく骨も細いため、太ってしまうと体重を支え切れなくなってしまいます。

餌やおやつの与え過ぎはしつけにも良くないほか、下痢や嘔吐など体調不良の原因にもなります。

子犬の時期は成犬期と比べ栄養価の高いフードを食べていますので、成犬に近付いてきたら成犬用のドッグフードに切り替えていきましょう。

切り替える際は急に替えるのではなく、子犬用のフードの中に少しずつ成犬用のフードを混ぜていきましょう。

その際、下痢などの症状がないか便の状態を確認しながら移行していって下さい。

 

まとめ

愛犬の成長ってとても楽しみですよね。

我が家に来た時は500gと、私の手のひらに乗るほどの大きさだった愛犬も、今や3.5㎏・・・大きくなりました(笑)

皆さんの愛犬は順調に育っていますか?

「出来れば大きくならないで欲しい」と思う飼い主さんも多いようですが、いわゆる極小チワワを育てている飼い主さんは愛犬の食の細さに苦労していることが多いようです。

小さくても大きくても世界一可愛い我が子。健康に育ってくれることが一番ですね。