チワワの子犬がおもちゃを噛んでいる姿って本当に可愛いですよね。

「そうなの!私の手も楽しそうに噛んでくるの。」と、飼い主さんも嬉しそうです。

しかし、残念ながらそれはNGな行為です。

たとえ痛くなくても、犬が人の手を噛むことを放置してはいけません。

噛んで良いものといけない物は子犬のうちからきちんと教えていきましょう。

そこで今回は、チワワの甘噛みのしつけについてまとめてみました。

ご参考になれば幸いです

Sponsored Links

甘噛みのしつけはいつまでに?

子犬の乳歯は、生後4~7か月くらいの間に永久歯に生え変わっていき、一年以内に生えそろいます。

この生え変わりの時期に、歯のむず痒さや「何かを噛んでみたい」という思いから、物を噛んだり、飼い主さんの手足を噛む行動に出るようになります。

甘噛みの時期は通常1年以内と言われていますが、犬によっては2年ほど続くこともあるようです。

この時期に甘噛みのしつけをせず、人の手足を噛むことを許していると、成犬になってもそのまま人を噛んでしまう可能性があります。

噛み癖のついたチワワは、飼い主さんだけでなく、他の人を噛んでしまう恐れがあります。

歯の生えそろった成犬に本気で噛まれたら大怪我する可能性もありますよ。

愛犬への甘噛みのしつけは成犬になる前に必ず行いましょう。

 

甘噛みのしつけの仕方

  • 噛んで良いものを教える

チワワが飼い主さんの手足を噛もうしてきたら、おもちゃなどの噛んで良い物を与えて下さい。

 

  • 犬の鳴きまねをする

犬は痛い時に「キャン」という声を出しますよね。

チワワが手足を噛んできたら、キャンと鳴きまねをすることで「痛い!やめて」ということを大げさなほど伝えましょう。

驚いて噛むのを止めたら、噛んで良いおもちゃを与えましょう。

 

  • ②を実行しても、手足をしつこく噛んでくるようなら「キャン」と言った後

チワワが噛む事の出来ないような場所に移動して下さい。(チワワをケージに入れても良いです)

そして数分経ったらチワワの所に戻り(ケージに入れたらケージから出してあげて)噛んで良いおもちゃを与え、また手足を噛んできたら同じことを繰り返しましょう。

毎日繰り返すうちに「おもちゃは噛んで良いもの」「飼い主さんの手足は噛んでいけないもの」と区別できるようになっていきます。

 

甘噛みのしつけをするにあたって

日頃から人間の手足で遊ばせないことが大切です。

手足で遊ぶことによって、人間の手足をおもちゃだと思ってしまいます。

必ずおもちゃで遊ぶ習慣をつけて下さい。

 

また、しつけには時間がかかるということを覚えておいて下さい。

甘噛みのしつけは、ネットなどで様々な方法が紹介されていますが、どの方法も即効性はありません。

しかし、効果がないからとすぐにやめてしまい、違うしつけの方法を試すということを繰り返すとチワワも混乱してしまいます。

 

そして、噛まれる事へのストレスや、しつけへの即効性を求めるあまり(マズルを掴むなどの)体罰で教え込もうとする人もいますが、犬を怯えさせて信頼関係を壊す行為なので絶対にやめて下さい。しつけに体罰は必要ありません。

 

人間の1~2歳くらいの子供に、口に入れて良いものとダメな物を教えるくらいの気持ちで毎日根気よく教え、学習させることが大切です。

 

まとめ

甘噛みは私もとても苦労した覚えがあります。

毎日愛犬に噛まれる度に「もう一生このままなのだろうか」と落ち込んでいました(笑)

何をしても噛んでくるので、しつけなんか意味がないと思ってヤケになっていたのですが、いつの間にか噛まなくなりました。

それは時期が来たから噛まなくなったのか、しつけの効果が出たのかは分かりませんが、あの時しつけをしなかったら今も噛まれていたかもしれません。

皆さんも、そのうち効果が出るだろうという気持ちで根気よく続けて下さいね。