家でも外でも常に裸足のワンちゃんは足を傷つけやすいですよね。

散歩中に何かを踏んだり、家の中で滑ったりと、気が付いたら愛犬が足を引きずって歩いていたなんてことにもなりかねません。

皆さんは愛犬の足を怪我や病気から守るために何か対策をしていますか?

今回は、チワワが足を引きずっている時に考えられる怪我や病気、また、その対処法についてまとめてみました。

Sponsored Links

チワワが足を引きずっている時に考えられる怪我や病気

愛犬が足を引きずって歩いていれば動揺してしまいますが、まずは落ち着いて足の裏を見てみましょう。

足の裏に何か刺さっていたり、肉球がひび割れなどで出血したりすると、痛くて歩きたがらなかったり歩き方がおかしくなることがあります。

まずは足の裏を確認して下さい。

特に怪我もしておらず、原因となりそうな物も見当たらない場合、以下のことが考えられます。

 

  • 膝蓋骨脱臼

膝のお皿の部分が正常な位置から外れてしまう、小型犬に多い病気です。

初期の段階では犬が自分で直してしまうことが多いため気付きにくく、飼い主さんが気付いた時にはかなり病気が進行したということもよくあります。

グレードは1~4段階まであり、重症化すると常に脱臼した状態になり足を引きずって歩くようになります。

 

  • 椎間板ヘルニア

椎間板の一部が飛び出して神経を圧迫してしまう病気です。

チワワなどの小型犬はこの病気にかかりやすいと言われており、重症化することで後ろ足が動かなくなり痛覚さえも感じなくなります。

 

  • 骨折

小型犬は骨が細く折れやすくなっています。

ジャンプによるものや、フローリングでの転倒、交通事故によるものなど原因は様々です。

骨折をすると痛みから足を上げたり、足を引きずるように歩きます。

また、痛いので抱っこをしようとすると嫌がります。

 

 

チワワの足を病気や怪我から守るために

フローリングでのダッシュ、ソファからのジャンプ、階段の上り下りなどはチワワの足腰に負担をかける行為です。

また、肥満も椎間板ヘルニアを起こしやすくするため、食事量にも注意が必要です。

チワワの足を病気や怪我から守るために出来ることはしていきましょう。

 

  • 激しい運動は避ける。

 

  • フローリングには絨毯など滑らない材質の物を敷く。

 

  • ソファに乗せないようにする。またはペット用のスロープなどを置き、ジャンプをさせないようにする。

 

  • 家の中でも散歩時でも、階段の上り下りをする際は飼い主さんが抱っこをす

る。

 

  • 散歩中は下に危ない物が落ちていないか注意しながら歩きましょう。

ガラスなどはもちろんですが、草なども種類によっては踏むとトゲなどで怪我をすることがあります。

 

  • おやつや食事の与え過ぎなど肥満に注意して下さい。

また、上質なフードを与えることで必要な栄養をきちんと摂り、丈夫な体を作りましょう。

 

 

チワワが足を引きずっていたら

チワワが足を引きずって歩いているのに気づいたら絶対に放置しないで下さい。

上記にも記載しましたが、まずは足の裏などを確認し、何か刺さっていないか、怪我をしていないか調べましょう。

原因となるものが分からなかったり、取り除いても直らないようなら散歩を中断し、すぐに動物病院に向かって下さい。

 

まとめ

愛犬が足を引きずって歩いていたら、びっくりしてしまいますよね。

我が家の犬も散歩中に変な歩き方をする時があるのですが、そういう時はたいがいセンダングサという雑草の種が足の裏にくっついていいます。

なるべく付かないように気を付けて歩いているつもりなのですが、さすがひっつき虫の仲間です。いつの間にか付いていますよ。

植物でいえば、ノギというイネ科の植物も先端がトゲになっており、踏んで怪我をするワンちゃんが多いのだとか。

皆さんもお散歩中は気を付けてあげて下さいね。