皆さんはポメラニアンがなりやすい病気を知っていますか?犬種それぞれなりやすい病気というものがあり、ポメラニアンにもなりやすい病気があります。

なりやすい病気を知っておく事でいざという時に素早く対応する事が出来ます。愛犬を病気から守るためにもぜひ覚えておいて下さい。

今回はポメラニアンがなりやすい病気をまとめてみました。

Sponsored Links

ポメラニアンがなりやすい病気

 

[1.白内障]

人間の白内障と同じ症状が現れます。

眼の水晶体と言われる部分が白く濁る病気で、原因は遺伝や加齢によるもの、糖尿病によるもの、目を傷つけた事によるものなどが挙げられます。

症状が初期のうちは暗い場所でのみ壁にぶつかるなどの症状が見られます。

目の濁りも初期では分かり辛いですが、だんだんと白い部分が分かるようになってきます。

一度濁ってしまった部分は自然に元に戻る事はなく症状が進行していくと最終的に失明をします。

治療は点眼薬などで白内障の進行を遅らせるものと手術によって水晶体の濁りを取り除き水晶体の代わりに人工レンズを入れるというものになります。

しかし全身麻酔のリスクなどもあり加齢による体力面の心配により難しい場合もあります。

遺伝などで若くして発症した場合は手術を選ぶ飼い主さんが多いようです。

 

[2.気管虚脱]

気管虚脱とは気管が何らかの原因で変形してしまった状態の事を言います。

原因は遺伝によるものや高齢や肥満などによるものが挙げられています。「ガーガー」とガチョウの鳴き声に似た咳をし、悪化すると呼吸困難により失神する事や窒息死する事もあります。

治療法は咳止めなどの投薬療法、気管を押し広げる外科手術などがあります。

投薬療法は症状を緩和する事が出来ますが、完治するためには外科手術が必要になります。

 

 

[3.流涙症]

流涙症は涙管という涙を通す管が詰まったり狭くなった事により起こります。

流涙症にかかると常に涙があふれた状態になり、目やにが増えたり目の周りの変色により涙焼けを起こす事もあります。

流涙症の原因は遺伝によるもの、逆さまつげなどまつげの生え方によるものなどが挙げられます。

治療は点眼薬や涙管の洗浄などです。また根本的な治療をするために外科手術を行う場合もあります。

流涙症にかかると目の周りが常に濡れている状態になり雑菌が繁殖しやすくなるため目の周りをこまめに拭くなど常に清潔にする事が大切です。

また清潔にする事で涙焼けによる変色も軽減する場合があります。

 

家で出来る予防法

 

  • ブラッシングをしましょう。ブラッシングは血行促進効果があります。

また皮膚炎などの予防や早期発見にも繋がります。

 

  • 足先を清潔にしましょう。汚れた足先をなめる事により指間炎という皮膚病

を招きます。肉球に傷やひび割れなどがないか確認し、あればきちんと処置しておきましょう。

 

  • 目の周りをこまめに拭きましょう。目の周りをこまめに拭く事は目の病気の

発見や予防に繋がります。濡らしたガーゼなどで丁寧に拭いて下さい。

 

  • 適度な運動をさせましょう。興奮させてしまうような運動は逆効果ですが

散歩などでストレスを発散させる事は気管虚脱の予防になります。

 

  • 部屋の環境を整えましょう。フローリングに絨毯を敷くだけでも脱臼の予防

になります。また段差をなくす事も大切です。ソファーにスロープを設置するなどポメラニアンがジャンプをしないような環境を整えましょう。

 

まとめ

ポメラニアンがなりやすい病気は他にも[水頭症]という神経系の病気や、[僧帽弁閉鎖不全症]という心臓の病気、[アロペシアX]という脱毛してしまう病気など様々な物があります。

あまり聞いた事のないような病名も多いのですが、愛犬がいつこういった病気にかかるか分かりません。

冒頭でも記載しましたが飼い主さんがきちんとかかりやすい病気を把握しておく事は病気の予防、早期発見、早期対処にも繋がります。

きちんと覚えておく事はとても大切ですね。