皆さんは、愛犬が自分の足先をペロペロなめているのを見た事がありませんか?恐らくさほど珍しくない光景だと思います。

ポメラニアンが自分の足先を一心不乱になめている姿は、見ているととても可愛いし、飼い主さんも「毛繕いでもしているのかな?」と、微笑ましく思いますよね。

でも、ポメラニアンが足をなめる行為は、あまり良い意味ではないようです。

特に同じ個所をずっとなめているという場合は注意が必要ですよ。

今回は、ポメラニアンが足先をなめる理由をまとめてみました。

何気ない行動ですが、実は思わぬ病気が潜んでいる場合もありますので、ぜひご覧ください。

Sponsored Links

 ポメラニアンが足をなめるクセの理由

犬が足をなめる理由の一つによく挙げられるのがストレスです。

留守番のストレス、散歩に行けないストレス、構ってもらえないストレスなど、飼い主さんとのコミュニケーション不足からくるものが多いようです。

ストレスや寂しさから足を舐め続けてしまう事により、足が赤くなったり、時には、ただれるまでなめ続けてしまう場合もあるようです。

もし、足をなめる理由がストレスによるものだった場合、たくさん構ってあげる事で解消する事が多いようです。

また、退屈しのぎに足をなめている場合も考えられます。

ヒマなので自分の足をなめていたら、それがクセになって止められなくなってしまったというものです。

一度クセになってしまうと止めさせるのはなかなか難しいですが、足をなめる事をクセにするのは決して良い事ではありません。

退屈をしのげるようなおもちゃを与えてみたり、飼い主さんが構ってあげる事で注意をそらし、徐々に足をなめるクセを止めさせていきましょう。

しかし、あまりにも足をなめるクセが直らない場合は獣医師に相談してみて下さい。

 

足をなめるのが病気や怪我による場合も

犬は散歩などで肉球を傷つける事があり、痛いので舐めている場合もあります。肉球の傷を知らずに放っておくと、破傷風など恐ろしい病気にも繋がりかねません。散歩後はきちんと肉球をチェックし、傷がないか確認して下さい。

傷があったら決して放置せず、薬や消毒などの対策をとって下さい。

また、肉球が乾燥した状態だと傷がつきやすくなります。

散歩後は肉球にクリームを塗るなど乾燥対策をして下さい。

 

なめる理由が[指間炎]という病気からきている場合もあります。

犬は足裏で汗をかきます。夏などは特に指のまたが蒸れて痒くなり、足裏をなめる事があります。

そして、なめて傷が出来る事によって更に痒みが増していきます。

こうしてなめ続ける事により口内に雑菌が侵入し、感染により炎症を起こして更に酷い状態になってしまう病気を指間炎と言います。

指間炎は、なめ続ける事で症状がどんどん悪化していきます。

酷い場合は足がパンパンに腫れあがってしまったり、足を引きずるようになる事もあるようです。

予防法としては、足先を常に清潔にしておく事です。

シャンプーをするのはとても良い事ですが、必ずきちんとシャンプーを落として下さい。洗い残しにより刺激で痒みがでてしまう事があります。

そして洗い終わったら完全に乾かすようにしましょう。

また、肉球の毛が長くなっていたらバリカンなどで短くカットする事も清潔に繋がります

 

もし、ポメラニアンがあまりに痒がったり、症状が酷い場合は速やかに獣医師にご相談下さい。

 

まとめ

ポメラニアンが何気なくしている足をなめる行為には、ストレスや病気のサインが隠れていましたね。

皆さんのお家のワンちゃんは大丈夫ですか?我が家の犬も時々足先をなめていますが、いつも2~3回なめたら止めるので大丈夫そうです。

犬は痛いとも痒いとも伝えられないから、愛犬の事を一番よく分かっている私達飼い主こそが、愛犬にとって一番の名医にならなければいけませんよね。

愛犬が出している危険信号のサインを見逃さない様、日頃からよく見ててあげて下さいね。