まだまだ気温30度を超える日も多く、暑い日が続きますね。

ポメラニアンにはまだ日中の散歩は厳しく、早朝や日が沈んでから散歩に出掛ける飼い主さんが多いと思います。

ところで、皆さんは愛犬の暑さ対策にどんな事をしていますか?最近では暑さ対策用のグッズも色々と販売されており、ポメラニアンの夏の暮らしも随分快適になった気がします。

また飼い主さんそれぞれのアイデアで愛犬が快適に過ごせる工夫をされていることでしょう。

今回はポメラニアンの暑さ対策についてまとめてみました。

果たして暑さに弱いポメラニアンのための快適な環境作りとは?

Sponsored Links

暑い季節を快適に過ごす方法

 

ポメラニアンのような寒い地方原産の犬は、寒さには強いですが、暑さには非常に弱く、大げさではなく人間の「暑い」はポメラニアンの「死ぬほど暑い」という意味になります。

そんなポメラニアンにとって夏はエアコンが絶対に欠かせません。

ただ温度を下げるだけではなく[ドライ]を併用し除湿も心がけましょう。

温度は28度以下に設定して下さい。

(あまり冷やし過ぎるとポメラニアンが体調を崩す可能性がありますのでご注意下さい)

 

飼い主さんが外出する際はエアコンが運転しているかどうか必ず確認してから出掛けましょう。

また、日差しが入ってこないようカーテンは閉めるようにしましょう。

ケージなどの中で留守番させる場合はケージをなるべく日の当たらない場所に置いて下さい。

市販の冷却マットも暑さ対策に役立ちます。

 

冷却マットは様々な種類があり、人工大理石で出来た物、アルミやジェル状の物などありますが、噛みグセのあるポメラニアンにジェル状のものはお勧め出来ません。

また、警戒してマットに乗ること自体を嫌がるポメラニアンもいるため性格によっては買い損になる可能性もありますのでご注意下さい。

お金のかからないアイデアとして凍らせたペットボトルを与える飼い主さんも多いようです。ペットボトルをそのまま渡すとあまりに冷たすぎるので、ペットボトルをタオルで巻いたり、お手製のカバーを作る飼い主さんもいます。

喜んでペットボトルをなめるポメラニアンもいるようなので、ぜひお試し下さい。

 

 

暑い日の外出の際の注意

 

暑い季節は日が沈んでも気温が高いことがよくあります。

散歩の時はポメラニアンの飲み水を必ず持ち歩きましょう。

市販されている首を冷やしてくれるようなバンダナを巻くのも良い方法です。

散歩はなるべく木陰を歩き、アスファルトは足が暑い可能性があるので避けましょう。

ポメラニアンがハァハァと暑さを訴えだしたら、なるべく涼しい所で水を飲ませて休憩させて下さい。

散歩時に小さな保冷材などを持って来ると体を冷やしてあげるのに便利です。

 

暑い季節はポメラニアンとの車での外出は避けた方が無難です。

もし連れていくのであれば、なるべく涼しい時間帯にして下さい。

車のエアコンがかかっていても、日が差し込むことで車内はとても暑く感じられます。日よけ対策は万全にして下さい。

また、車で留守番をさせるのは短時間でも止めて下さい。

 

エアコンは車を停めている状態では効きが悪くなります。

エアコンが切れてしまい最悪の状況に陥った話も聞いたことがあります。

車にポメラニアンを乗せたら、途中でコンビニなどに立ち寄らなくても良いように、あらかじめ食べ物や飲み物を車に用意してから出掛けるようにしましょう!

 

 

まとめ

 

暑い季節はポメラニアンにとって試練の時ですね。

飼い主さんにとっても愛犬と一緒に外出することがままならない寂しい季節かもしれません。

しかし暑い季節のお出かけはポメラニアンにとってあまり良いことはありません。また、常に愛犬の熱中症の心配をしながらのお出かけは飼い主さんにとってもあまり楽しいことではないように思います。

どうしても連れて出掛けなければならない時以外、暑い季節はなるべく快適な室内で過ごさせてあげた方がお互いのためかもしれませんね。

まだまだ暑い日が続きます。愛犬と一緒にくれぐれもお身体をご自愛下さい。