皆さんは、愛犬の歩き方が変だなと感じた事はありませんか?
散歩中、後ろ足をかばうように歩いたり、スキップするように走っている事はないでしょうか。
そんな歩き方が頻繁に見られたら脱臼を疑った方が良いかもしれません。
ポメラニアンは脱臼をしやすい犬種です。
歩き方に異変を感じたら、早めに獣医師に相談しましょう。
今回は、ポメラニアンの脱臼の原因や予防法などをご紹介します。
家庭で出来る脱臼の予防対策とは?ぜひご覧下さい。

Sponsored Links

ポメラニアンの脱臼

ポメラニアンやトイプードル、チワワなどの小型犬がなりやすい脱臼として[膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)]が挙げられます。
膝蓋骨脱臼とは、膝蓋骨(膝のお皿の部分)が、あるべき位置からずれてしまっている状態を言います。
膝蓋骨脱臼の原因としては、生まれつきの骨や筋肉の付き方の異常によるものと、高い所からの落下の衝撃によるものなど、事故による怪我などが原因で起こるものがあります。

脱臼をしても初期の段階はほとんど無症状の事が多いため、飼い主さんが気付くのは難しいようです。
また、初期の段階ではポメラニアンが歩いているうちにいつの間にかお皿が正常な位置に戻っているという事もあるようです。
膝蓋骨脱臼は、症状のグレードが1~4まであります。

1の初期段階では、まだ膝は正常に近い状態ですが、段階が上がっていくにつれ、脱臼の自然修復が難しくなっていきます。
そして、グレード4までになると常に脱臼したままの状態になります。
足が常に持ち上がっており、素人目でもはっきりおかしいと分かります。
この状態までくると、外科手術しか修復が不可能になります。

膝蓋骨脱臼は自然治癒するものではありません。
脱臼に気付かずにそのままの生活を続けていると、どんどん症状が進行していく恐れがあります。
早期発見がなかなか難しいと言われますので、散歩の時などに何となくでも愛犬の歩き方に違和感を覚えたら動物病院で診てもらう事をお勧めします。

 

家庭で簡単に出来る脱臼予防

膝蓋骨脱臼にならないためにはどんな対策をしたら良いのでしょうか。
家庭で出来る事を実践してみましょう。

① フローリング部分をなるべくなくす。
フローリングは滑りやすく、ポメラニアンが走って転倒などした際などに脱臼してしまう恐れがあります。フローリングには絨毯を敷いて下さい。
フローリングが見えている部分は滑り止めのワックスを塗るなどの対策をしましょう。
また、ポメラニアンがフローリングでは走らないようにさせる事も大切です。

 

② 段差をなるべくなくす。
ポメラニアンはジャンプが大好きなので、ソファーやクッションなどに勢いよく飛ぶ事がよくあります。
しかし、ジャンプも脱臼の原因になるので、出来ればあまりさせたくありません。ソファーなど、ポメラニアンが上りたがる所には、スロープのような物を設置するようにして下さい。
また、階段の上り下りもあまり良くありません。
出来れば階段の上り下りの際は飼い主さんが抱っこしてあげて下さい。

 

③ 体重を減らす、増やさない
体重が重いと膝に負担がかかります。
散歩などで適切な運動をし、体重を増やさない事ももちろんですが、筋力をつける事もとても大切です。

 

まとめ

ポメラニアンの膝蓋骨脱臼は遺伝の割合がかなり多いようです。
そして、遺伝の場合は確実な予防方法が無いと言われています。
愛犬にとっても飼い主さんにとっても辛い事ですが、早期発見する事で環境整備など、それ以上の悪化を防ぐ対策をする事ができます。

我が家でしている予防法は、散歩の時に段差がある場所は避けるか、抱っこしています。また、足の裏の毛が伸びていると滑りやすくなるので、バリカンでこまめにカットしています。
皆さんはどんな工夫をされていますか?
私はこれからも愛犬の脱臼予防に繋がりそうな事は続けていこうと思います。
お互い頑張りましょう。