皆さんは気管虚脱という病気をご存じですか?気管虚脱はポメラニアンにかかりやすい病気です。

見た目が[逆くしゃみ]と似ている事から間違えがちですが、気管虚脱になると苦しそうに咳をします。

一度かかってしまうと治す事が困難と言われるこの病気は、原因や予防法などを知り上手に付き合っていかなければいけません。

今回はポメラニアンにかかりやすい気管虚脱について調べてみました。

ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

気管虚脱の症状や原因

 

気管虚脱とは気管が何らかの原因で押しつぶされて変形してしまう状態の事を言います。

ポメラニアンの他にもトイプードルやチワワなどの小型犬がなりやすいと言われ、起こる原因は遺伝によるもの、肥満、加齢によるものなどがあります。

主な症状は、「カーッカーッ」とまるで人間が痰を出すような感じで声を絞り出すように苦しそうに咳をします。

気管虚脱により呼吸困難な状態が続くと酸欠により失神する事もあり、最悪の場合は窒息死する事もあります。

また、助かったとしても、それによって脳などに障害が残る可能性もあります。

 

気管虚脱の治療方法は、咳止めや抗炎症薬などの投薬治療、場合によっては酸素吸入なども行います。

しかしこれらの薬は症状を緩和するだけで完治するわけではありません。

完治させるためには外科手術が必要です。

気管に人工物を入れる事によって、つぶれた気管を広げる手術です。

近年、より安全で動物に負担の少ない手術法も出てきていますが、やはり全身麻酔などのリスクも伴ってきます。

また、治療医がかなり高額となります。

 

金額は気管虚脱のグレードによっても異なりますが、今すぐ手術が必要だというくらい深刻な状態の場合、治療費が70万円以上かかる事もあるようです。

気管虚脱は症状が出なくなったと安心していると突然前より酷くなって症状が現れる事もあります。異変に気付いたら早めに動物病院へ受診して下さい。

 

気管虚脱の予防法

 

気管虚脱は遺伝によるものもあるため完全に防ぐというのは難しいですが、

予防をする事により悪化を防ぎましょう。家庭で出来る予防法として次の5つを挙げてみました。

 

  • 太らせない

肥満により気管を圧迫してしまう可能性があります。

また、加齢によってもかかりやすくなるので、高齢の肥満気味なポメラニアンは特に注意が必要です。おやつやご飯を与え過ぎていた、散歩をあまりさせていないなど思い当たる事があればすぐに改善しましょう。

 

  • 興奮させない

興奮させることで気管虚脱が悪化してしまう事があります。あまり激しい遊びや運動は控えて下さい。もし、どうしても興奮してしまうような事があればケージやクレートに入れて休ませて下さい。

 

  • ストレスをためさせない

気管虚脱はストレスをためる事によっても悪化する可能性があります。激しい運動は逆効果ですが散歩などの適度な運動はストレス発散に繋がります。

 

  • 首を圧迫しない

首輪は首を圧迫してしまう可能性があるので散歩時は首輪ではなく胴輪(ハーネス)を使って下さい。また、リードを無理に引っ張るのも首に負担がかかります。散歩をする時はポメラニアンのペースでゆっくり歩いてあげて下さい。

 

  • 夏は特に気を付ける

夏は湿気や気温などにより気管虚脱になりやすいと言われています。

夏は室内の湿度や温度に気を付けて快適に過ごさせて下さい。

 

まとめ

 

犬にはみんなそれぞれかかりやすい病気というものがあります。

愛犬が病気にかかるのはとても辛い事ですが、かかりやすい病気を事前に知っておくのはとても大切な事です。

飼い主さんがその病気を知っている事により対処も早くなり、愛犬を苦しさから早く救ってあげることに繋がります。

最近は人間同様、犬も長生きする時代となりました。

高齢になればなるほど病気のリスクは高くなりますよね。

愛犬にいつまでも元気でいてもらうためにも私達飼い主が病気の知識を身につけておく必要があります。