毛がモコモコのポメラニアンにとって、夏は大敵といえますよね。

そんなポメラニアンの夏場の留守番対策についてまとめてみました。

エアコン以外で涼をとる簡単でエコな方法もご紹介します!

Sponsored Links

ポメラニアンの夏場の留守番対策

ポメラニアンはもともと寒い所に住んでいたため、毛がダブルコートで覆われています。

そのため暑さにはとても弱く、人間にとって「暑い」と思う気温は、ポメラニアンにとって「死ぬほど暑い」気温だと思っておきましょう。

暑さが苦手なポメラニアンにとって、夏場の留守番はエアコンが必須になります。

設定温度は少し高めで28度くらいにしておきましょう。

あまり設定温度が低すぎるとポメラニアンが風邪をひいてしまったり、お腹を壊してしまう可能性があるので注意して下さい。

 

また、ケージの中で留守番させる場合は、日が当たる所にケージを置かないようにして下さい。

日が差し込まないように、日よけカーテンをしっかり閉めておく事も大切です。

飲み水は、こぼしてしまう事も想定して、ケージ内で留守番の場合は給水器も取り付けておくと良いでしょう。

室内フリーでの留守番の場合は、水飲み場を複数用意しておくと安心です。

 

暑さ対策の一つとして、夏になるとポメラニアンをサマーカットにする人が多いですよね。

しかしポメラニアンの毛は、あまり短くしてしまうと皮膚トラブルを招く恐れがあります。

また、バリカンの使用により毛質が変わってしまう事もあるので、カットする際は、トリマーさんとよく相談し、リスクもきちんと理解した上でカットして下さい。

 

エアコン以外で出来る簡単な暑さ対策

ポメラニアンの夏の留守番にエアコンは必須ですが、他にどんな暑さ対策があるでしょう?

エアコン以外に涼しくなるものといえば、パッと思いつくのは扇風機ですよね。しかし、人間が扇風機を涼しく感じるのは、汗をかくことで気化熱を利用し、体温を下げているからです。

ですが、犬は人間のように体中に汗腺があるわけではありません。

犬が人間のようにたくさん汗をかける場所は足の裏のみだと言われています。

 

したがって、残念ながら犬に扇風機をあてても体の温度を下げる効果は期待できないようです。

しかし、扇風機はエアコンと併用する事で、かなりの効果を発揮します。

エアコンのみをずっと付けっぱなしの状態だと、ポメラニアンが冷えすぎてしまう事がありますが、扇風機で部屋の空気を循環させる事により、それを解消する事が出来ます。

さらにエアコンのみを使用した時よりも部屋が早く涼しくなるので節電にも繋がりますよ。

 

また、電気を使用しない暑さ対策として、アルミや人工大理石で出来た犬用の[冷却マット]を使用する人もいます。

冷却マットは、ジェル状タイプの物なども人気がありますが、噛んで中身を出してしまうポメラニアンには危険なのでお勧め出来ません。

その子にあった冷却マットを選んであげて下さい。

他にも、お金のかからない暑さ対策として、ペットボトルや保冷材を活用している人も多いようです。

凍らせたペットボトルや保冷材にタオルを巻き、その上をゴムで縛り使用します。

最初は怖がるポメラニアンもいるかもしれませんが、慣れてくると、それを舐めたり、抱きかかえて寝てしまう子もいるようです。

注意事項として、保冷材はクーラーボックスなどに使用される硬さのしっかりした物を使用すると安全です。

また、湯たんぽの中に氷水を入れて使用するものお勧めですよ。

 

まとめ

夏はポメラニアンにとってとても辛い時期ですよね。

また、一緒にお出掛けする事も難しくなるので、飼い主さんにとっても寂しい季節なのではないでしょうか。

しっかり暑さ対策をして、飼い主さんも愛犬も元気に夏を乗り切って下さいね。