ポメラニアンを飼ったなら、色々なカットに挑戦してみたいと

思われる方は多いのではないでしょうか。

今回はポメラニアンのトリミングデビューについて調べてみました。

果たして、初めてのトリミングの時期は?料金は?

Sponsored Links

ポメラニアンの初めてのトリミング

 

「トリミング」とはその犬のバランスを考え専門的な技法を用いて被毛を整え、カットする事を指します。

トリミングデビューは2回目の予防接種を終えて2週間後(生後3か月以降)というのがおおよその目安で、お店が受け入れるのも大体その月齢からです。

 

とはいえ、受け入れてもらえる子犬は「他人に体を触らせてくれる子」というのが条件になるようです。

トリミング中に嫌がってトリマーさんを噛みついては危ないですし、子犬は体力がないので、暴れて体調を崩してしまう可能性があります。

 

上記の理由から、体を触らせない子は断られる場合がありますので、お店でのトリミングを希望するなら、まず子犬を他人に慣れさせておく必要があります。

外出の際に色々な人に子犬を触ってもらい、他人に触られる事への警戒心をなくしましょう。

 

また、飼い主が毎日子犬をブラッシングする事で、子犬が体のどの部分を触られても平気にしておく事も必要です。

 

ポメラニアンは毛量が多く、被毛が柔らかい事から毛玉になりやすい犬種です。

毛玉を作ったままサロンに連れて行くと、毛玉処理料金が別に発生しますし、何より処理に時間がかかる事から子犬にも苦痛が生じます。

ポメラニアンはお手入れが大変な犬種ですが、その分お手入れした被毛は本当に美しく、やりがいがあります。

子犬に毎日ブラッシングをする事で、毛玉防止にもなるのはもちろん、被毛や皮膚の健康にも役立ちます。

 

トリミングの料金は?

 

柴犬カットや、チャウチャウカット、ライオンカットにたぬきカットなど、長毛で毛量の多いポメラニアンは様々なカットスタイルが楽しめます。

 

トリミングでは「カットコース」として、シャンプー、肛門しぼり、足裏バリカン、爪切りなどが料金に含まれている事が多いようです。

料金相場は5000円~ですが、抜け毛、もつれ毛、毛玉が多い場合や、暴れたり噛みついたりした事により、時間がかかってしまった場合などに別料金がかかるお店もあります。

 

また、体の大きさによっても料金が追加される場合があります。

サロンの選び方は人それぞれで、技術が多少伴っていなくても料金が安めの所にお願いしたい人や、高くても技術が素晴らしいサロンにお願いしたい人など様々だと思います。

 

基本はとにかく犬を大事に扱ってくれそうな、可愛がってくれそうなお店やトリマーさんを選びましょう。

相性もありますが、連れて行く度に犬が震えるようなお店は経験上止めた方が無難です。また、終了後にメモなどでトリミング中の出来事(排泄の有無、トリミング中の様子など)きちんと報告してくれるかどうかも大事です。

 

また衛生的であり、作業の様子を見せてくれるオープンなお店かどうかも大切なポイントです。

トリミングは、飼い主さんにとっては、我が子がどんな風に変わるのだろうとワクワクしながら待つ楽しい時間ですが、子犬にとっては、けっこう疲れる時間です。

子犬のためにも良いお店を選んで、なるべく苦痛を伴わない時間にしてあげたいですね。

 

まとめ

 

ポメラニアンのカットスタイルは色々ありますが、どんなカットでも可愛くて似合ってしまいますよね。

今は暑いので、サマーカットをしている子が多いのでしょうか。

ポメラニアンは、あまり毛を短くしてしまうと皮膚によくない事もありますので、トリマーさんとよく相談した上で、素敵なカットを注文してあげて下さいね。