ポメラニアンを飼って一番初めにするトレーニングが、トイレトレーニングです。これを覚えてくれるまで、
飼い主さんはストレスが溜まる一方ですよね。

今回は、子犬のトイレの練習方法についてまとめてみました。

Sponsored Links

ポメラニアンのトイレ訓練の準備

ポメラニアンをペットショップやブリーダーから迎える時期は生後2~3か月の時期が多いと思います。
ちょうどこの時期はトイレの練習に適した時期になりますので、ポメラニアンを迎え入れたその日からトイレの練習はスタートします。

 

室内犬のトイレは、ケージの中にトイレと寝床を入れるのが普通ですが、本来犬は自分の匂いが付いた近くでは眠らないといいます。

それは敵に自分の寝床を知られないためなのだとか。そのため、ケージの中にトイレと寝床が一緒に置いてあると、犬はトイレか寝床か分からず混乱するのでなかなか覚え辛いといいます。

 

また、原因は分かっていませんが、ポメラニアンはトイレを覚えにくい犬種だと言われています。
トイレの練習は「急がずのんびり」を基本にいきましょう。

 

まず、部屋の中にある絨毯やクッションなどフカフカするものは片づけておきましょう。
犬は本能から、柔らかく水を吸収する場所で排泄しようとします。

 

絨毯を取り除きフローリングにする事で、ポメラニアンのトイレの失敗を減らします。
なにより排泄を失敗してもフローリングなら片付けがしやすいですよね。

 

次にケージの設置場所です。なるべく人が通らない場所を選んであげましょう。
人間だって騒がしい所じゃ落ち着いてトイレが出来ませんよね。

 

といっても部屋の広さにも限度があるので、なるべく人通りの少ない
部屋の角辺りを選んで設置して下さい。ケージの中にトイレシートを敷き詰め、ケージのどこにおしっこをしても良いようにしておきます。

子犬の排泄パターンを覚えましょう

生後2~3か月の子犬はまだ膀胱が小さいため、おしっこを沢山ためておく事が出来ません。

 

そのため、この月齢の子犬はおしっこの回数がとても多く、一日に10回以上すると言われています。これはとても大変な事に思えますが、おしっこを教えるには絶好の機会とも言えます。

まず子犬の排泄のパターンを覚えましょう。子犬は寝起きや遊んだ後、食後におしっこをしやすいと言われます。この時にケージの中に子犬を入れ、「おしっこ」や「しーしー」などと合図をし、排泄を促します。

 

ケージから出してとクンクン鳴くかもしれませんが、おしっこをするまではケージから出さないようにしましょう。そしておしっこをしたら思いっきり褒めて
ケージから出してあげて下さい。子犬用のおやつを与えるのも有効です。

こうする事で、ケージでおしっこをしたら褒められる、ケージから出してもらえる事を学んでいきます。

 

また、子犬が床の匂いを嗅いだり、クルクル回ったりしたらそれが排泄の合図です。

といっても一瞬の動きですし、こういう動きもないまましてしまう事もあるので、最初はタイミングを計るのが難しいと思います。

 

しかし慣れてくれば分かるようになりますので、毎日よく子犬を観察して下さい。

子犬がケージ内のトイレシーツで排泄する事に慣れてきたら、ケージ全面に敷いていたトイレシートを取り外し、よく排泄をしている側にトイレシートを敷き、反対側にベッドを置きます。

この状態で練習を続けていきましょう。

 

そして、ケージ内のトイレ排泄に慣れてきて、飼い主さんも仔犬の排泄パターンや合図が分かるようになってきたら、
ケージの扉を出入り自由の状態にしておきます。

そして飼い主さんが「おしっこ」と言う合図をしたらケージに戻り排泄をするようにさせていきましょう。

まとめ

最初に記載した通り、ケージ内にトイレと寝床が一緒になっていると子犬はトイレが覚え辛いです。なかなか覚えてくれず飼い主さんがイライラする事もあると思いますが、怒ると余計に出来なくなります。

そしてポメラニアンは飼い主さんの事が大好きなので、飼い主さんに褒められる事でやる気が生まれます。
いつか出来るという気持ちで気長に頑張りましょう。