皆さんの愛犬はどんな名前ですか?

オシャレな名前、面白い名前、人間のような名前など名づけ方は各家庭それぞれ違いますが、どんな名前も愛情がたっぷりこめられている事でしょう。

今回はポメラニアンの名前について調べてみました。愛犬の名前と照らし合わせ、楽しんでご覧いただけたらと思います。

Sponsored Links

ポメラニアンの名前(オス・メス別)人気ランキング

 

2015年のポメラニアンのオスの名前ランキングは、3位モコ、2位コタロウ、1位ポンタでした。メスの名前は、3位モモ、2位ココ、1位モコという結果になりました。

 

ちなみに「ポンタ」は2013年、2014年でもオスの名前で1位に輝いており、ポメラニアンがタヌキに似ている事からポンタと名付ける人が多いようですね。

ポンタと聞けばポメラニアンを想像する人も多いのではないでしょうか。

 

同じ様に「モコ」は2013年、2014年もメスの名前で1位となっており、ポメラニアンのモコモコした被毛をイメージして付けられる事が多いようです。

 

ポメラニアンに名前を付ける時、見た目のイメージから名付ける人が多いと思いますが、オスは元気で活発な感じを、メスは可愛くてオシャレな感じが出ている様に思います。

 

ちなみに犬の名前ランキング総合1位は「ココ」でした。

ココは過去5年間変わらずの1位でして、どちらかといえば小型犬の名前のイメージがありますね。トイプードル、チワワ、ポメラニアンなどに特に多い名前のようです。

 

犬の名付け方の傾向として、漢字を取り入れるのも主流になってきています。

2015年のオスの名前ランキング3位に「小太郎」がランクインしました。

2015年のポメラニアンのオスの名前でも「コタロウ」が入っていましたね。

 

「コタロウ」と漢字で名付ける人と、カタカナやひらがなで名付ける人と分かれるという事でしょうか。

オスに付ける漢字の名前として人気なのは、小太郎の他に、福、小鉄、風太、小次郎など、男らしい上にどちらかといえば古風な名前が目立ちます。

 

一方、メスでは、花、姫、杏、小梅など可愛らしく、やはり古風な名前が目立ちます。人間の子供にキラキラネームが流行る中、犬には古風な名前を付けるというのが最近の傾向でしょうか。

 

 

フランス語のオシャレな名前も!

 

漢字で名前を付ける人もいれば、フランス語から付ける人もいます。

日本でフランス語を取り入れた人気の名前と言えば「ポム」や「ショコラ」「マロン」などがあります。

いずれもオスでもメスでもOKな名前であります。

また、食べ物の名前でもあります(ポムはりんご、ショコラはチョコレート、マロンは栗の意味)オシャレで可愛らしい名前を付けたいのなら、フランス語はぴったりですね。

 

また、フランスでは犬にスヌーピーと名付ける人が圧倒的に多く、意味はもちろんアニメ、スヌーピーからですね。

他にも、「マックス」や「デイジー」などがフランスでは人気の犬の名前のようです。

ちなみにマックスはアメリカでもイギリスでも犬の名前として定番のようです。

マックスは日本でもオスの犬の名前として人気ですよね。ちなみに西洋では猫の名前もマックスが大人気のようです。

日本で「小太郎」、「花」と言った人名にも通じる名前が人気のように、西洋でも人にも使える名前は人気があるようです。

 

まとめ

皆さんの愛犬の名前は人気ランキングに入っていましたか?

ちなみに我が家の犬はポンタではなく、ポンと言います。どちらにしても由来は同じでしょうね。もちろんタヌキに似ている事から付けました(笑)

色んな付け方、色んな名前がありますが、「名づけ」は飼い主さんが最初にあげる愛犬へのプレゼントです。どうぞとびきり素敵な名前を付けてあげて下さいね!