ふわふわモコモコの豊かな毛量が魅力のポメラニアン。

ポメラニアンの子犬を飼ったら色々なカットを試してみたくなりますよね。

柴犬カット、テディベアカット、ライオンカット、たぬきカットなどなど、ポメラニアンには沢山のカットスタイルがあり、飼い主さんも楽しくなってしまいますね。

しかし、ポメラニアンの毛をあまり切ってしまうのはよくない場合があります。今回はそんなポメラニアンの散髪について調べて見ました。宜しければぜひご覧くださいね。

Sponsored Links

 ポメラニアンの散髪

 

毛量の多さが魅力の一つであるポメラニアンですが、夏はとても暑そうにみえますよね。

愛犬を少しでも涼しくしてあげたいという優しさからポメラニアンを散髪する飼い主さんも多いと思います。

中でも[サマーカット]は全身の毛を短く刈ることからかなり涼しそうな見た目になります。

しかし、毛を短くし過ぎることで、かえって暑くなってしまうかもしれません。

ポメラニアンの毛はダブルコートと言って、被毛が下毛と上毛の二重構造になっています。

 

暖かくなると下毛が抜けることで体温調節をしていることから、本来カットは不要といえます。

また、ポメラニアンの毛は直射日光から皮膚を守る役割もしており、毛を刈ってしまうことで皮膚へ直に熱が伝わり、かえって暑くなるといえます。

更に紫外線による皮膚病の危険性も出てきます。

ポメラニアンの暑さ対策には全身カットをするより、こまめにブラッシングをして下さい。ブラッシングをすることで換毛期に下毛が抜ける手伝いをしてあげれば、ポメラニアンはそれだけで快適になります。

カットは、おしりの部分や足裏など部分カットをするだけでもずいぶんスッキリして見えますよ。

 

ポメラニアンの脱毛に注意

 

散髪自体に注意が必要なポメラニアンですが、自宅での散髪は更に注意が必要です。

特に子犬は動くことからハサミやバリカンを使用する際は怪我の危険があります。

また、プロでないと加減が分からず毛を切り過ぎてしまうことや、バリカンの入れ方によって毛が生えてこなくなってしまう場合もあります。

生えてきても毛質が変わってしまうこともあり、艶がなくパサついた毛になってしまうことがあるようです。

更に短すぎる散髪は脱毛の原因になるとも言われています。

ポメラニアンの脱毛は、アロペシアX(原因不明の脱毛症)などと呼ばれており、だいたい1歳~4歳までの若いポメラニアンに多く発症します。

(ポメラニアンの他、サモエドやシベリアンハスキーなどにも見られます)

 

アロペシアXは手足と頭部以外の毛が痒みのないまま抜けていくのが特徴だと言われています。

原因は分かっていませんが、(毛を短くしたことにより)皮膚の保護バリアが低下した影響によるもの、遺伝によるもの、ホルモンバランスの乱れからくるものなど様々なことが考えられています。

脱毛する以外は特に病気の症状はなく、オスは去勢することで治る場合もあるようです。

治療方法は発毛を促すための薬の服用や新陳代謝を良くするための炭酸泉の活用など様々ですが、一度生えても再発する場合もあり、とにかく皮膚の乾燥を防ぐことが大切なようです。

上記のことからポメラニアンにとって被毛はとても大切なものであり、ポメラニアンの散髪はとても慎重に行わなければいけません。

散髪を自宅で行えば無料で済みますが安全のためにはプロにお任せした方が良いと言えます。

 

まとめ

 

ポメラニアンの毛はもともと伸びる長さが決まっており、それ以上は伸びないように出来ているそうです。

そういう意味でもポメラニアンに散髪は必要ないようですね。

夏はサマーカットすることで熱中症のリスクが高まるとも言われています。

涼しくなるためにしたつもりが逆に熱中症の原因になるなんて飼い主さんもショックですよね。

そろそろ夏毛が抜ける時期(換毛期)です。お互いブラッシングを頑張りましょう!