皆さんはポメラニアンを留守番させる時、室内フリーにしていますか?それともケージの中で留守番させていますか?飼い主さんによっては、ケージに入れるのは窮屈で可哀想と思う人もいると思います。

しかし、室内フリーでの留守番は、イタズラなどによる誤飲誤食の危険や、家具の破壊など心配ごとが尽きません。

安全のためには出来ればケージで留守番させる事がお勧めです。

そこで今回は、ポメラニアン(成犬)に合うケージをご紹介します。

果たして、ポメラニアンにはどんなケージが良いのでしょうか。

Sponsored Links

 ポメラニアン(成犬)に合うケージの大きさ

 

ポメラニアンのような小型犬の飼い主さんは、大体90㎝~120㎝くらいの大きさのケージを選ぶ人が多いようです。

狭いと可哀想と考える飼い主さんもいますが、もともと犬は狭い穴ぐらの様な所で暮らしていたので、狭い場所の方が安心して過ごせます。

反対にあまり広すぎるケージは、テリトリーが増えたことにより落ち着かなくなる可能性があります。

ケージの中にベッドとトイレを置くスペースがあれば、留守番のみに使用するのなら十分と言えます。

しかし、あまりスペースがないケージは、留守番時に水入れをひっくり返してしまう可能性も考え、給水器などを使用した方が安心です。

また、ケージの屋根を取り外している飼い主さんもいますが、ポメラニアンはよくジャンプをするので、ケージが脱走の出来そうな高さなら、頑張ってジャンプして脱走を試みるかもしれません。脱走の防止のためにも、脱臼や骨折の予防のためにも留守番時はケージの屋根があった方が安全です。

 

おすすめのケージは?

 

犬用のケージも日々進化しており、まるでインテリアの一部のようなオシャレなケージをよく目にするようになりましたね。

機能としても充実しており、トイレスペースとベッドスペースが分かれている、トイレのしつけがしやすくなるケージや、お手入れがとてもしやすいケージなど、オシャレなだけでなく、飼い主さんには嬉しい工夫がされている物もたくさんあります。

飼い主さんもケージを選ぶのが楽しくなりますね。

 

最近では、拡張出来るタイプのケージもあり、例えばポメラニアンが成犬になり、ケージが手狭になってしまった時や、ケージの中に寝床としてクレートを入れたい時など、もう少しケージを広くしたい時に便利ですね。

色々なタイプのケージがありますが、やはりケージ選びのポイントで、掃除のしやすさを重視される飼い主さんは多いのではないでしょうか?

留守番時のイタズラや、糞尿の飛び散りなど、何かと汚れる事の多いケージは、こまめなお手入れが欠かせません。

そこでお勧めしたいのは、床板部分が引き出せるタイプのケージです。

ケージの掃除と言えば、ホースなどで水をかけて丸洗いする人が多いと思うのですが、ケージをベランダやお風呂場まで持って行くのは結構面倒だったりしますよね。

 

また、ケージ全体を濡らすと拭くのも一苦労です。

もちろん汚れ方によってはケージ全体を掃除した方が良い場合もありますが、下の部分だけ掃除したい時などには、床下部分が引き出せるタイプのケージはかなり便利なのではないでしょうか。

もし興味があればぜひ検索してみて下さいね。

 

まとめ

子犬時代はケージに入るのを嫌がっていた我が家の犬ですが、成犬になってからは、ケージの扉を開けっ放しにしておけば勝手に入って寛いでいます(笑)

我が家は、ケージの中にクレートを寝床として入れているのですが、やはりクレートの中は落ち着くのでしょうね。

特に留守番じゃなくても、そこでけっこうな時間を過ごす事が多々あります。

ケージを「留守番だから仕方なくいる場所」ではなく、「留守番するならここでしたい」と思ってくれる場所になってくれたら飼い主さんも安心して留守番させられますよね。

では、可愛い愛犬のために素敵なケージを選んであげて下さいね!