私達人間と同じ様に、ポメラニアンも咳もすればくしゃみも出ます。

しかし、その原因は様々で、飼い主さんが正しい対処法を知っておかないと大変な事になる場合もあります。

どんな時にくしゃみや咳をするのか、時々起こるのか頻繁に起こるのかを観察し、速やかに動物病院に相談する事が愛犬の命

守る事に繋がります。

今回は、ポメラニアンの咳やくしゃみの原因や対処法について調べてみました。ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

ポメラニアンの咳やくしゃみが酷い時、考えられる原因

①何かきつい匂いを嗅いだ時

犬は鼻がとても良いので、何かきつい匂いを嗅いでしまった時に、よくくしゃみをします。

代表的な物で言えば、芳香剤や香水、たばこの匂いなどに反応してくしゃみをする事があります。

犬にあまりきつい匂いを嗅がせるのは可哀想ですので、出来るだけ避けるようにして下さい。

 

②逆くしゃみ
ポメラニアンを飼っていれば、一度は見た事がある人が多いのではないでしょうか。

豚の鳴き声のように「ぶー!ぶー!」と音を出しながら連続でくしゃみをします。

普通、くしゃみと言えば何らかの刺激物を押し出すためにしますが、逆くしゃみは空気を一気に吸い込む事からそう呼ばれています。

特に小型犬に多く見られますが、なぜ起こるのかという原因ははっきりしていないようです。

逆くしゃみは病気ではありませんが、あまりに止まらないと心配になりますよね。

対処法としては鼻を塞ぐと治る事が多いです。お試しください。

 

③ケンネルコフ

犬の呼吸器感染を総称[ケンネルコフ]と呼び、[犬風邪]とも呼ばれます。

ケンネルコフは、特に抵抗力のない子犬に罹ると言われています。

主な症状は咳や発熱、吐き気など、人間の風邪のような症状が現れます。

原因は、ウイルスや細菌などの飛沫感染によるもので、症状は軽度の場合は一週間程度で完治すると言われていますが、複数のウイルスに感染した場合、完治に時間がかかると言われます。

こじらせると重篤な症状に陥る事もあるため、早めに動物病院に受診して下さい。完治するまでは他の犬との接触を避けるなどの配慮も必要です。

また、予防ワクチンの接種も有効な手段です。

 

ポメラニアンに多くみられる病気、気管虚脱とは?

逆くしゃみとよく間違われる病気で、[気管虚脱]があります。

鼻で音を出す逆くしゃみとはまた違い、「カーッカーッ」と苦しそうな声で咳を連続でします。

気管が何らかの原因で変形してしまった事により、息がし辛い事からこのような咳をするようです。

特にポメラニアンやトイプードルなどに多く見られる病気で、シニアになるほど発症しやすくなると言われています。
また、肥満が原因で発症するとも言われており、中高年の肥満には注意が必要です。

気管虚脱は、一度かかってしまうと治す事が出来ませんが、薬を飲ませる事で症状を落ち着かせることが出来ます。
気管虚脱が長く続くと酸欠により失神してしまう事もあるので、この症状が見られたら早めに動物病院に受診して下さい。
気管虚脱の防止に大切な事は、太らせない事とストレスを溜め込まないことです。

肥満防止、ストレス発散のためにポメラニアンと遊ぶのは良い事ですが、あまり興奮させる遊びは逆効果になります。
気管虚脱には適度な散歩をさせる事が一番効果的だと言われます。

まとめ

人間も犬も生きていれば色々な病気をしますよね。

人間は病気になれば自分で病院に行く事が出来ますが、犬は飼い主さんに連れて行ってもらわなければ病院には行けません。

痛くても苦しくても飼い主さんに気付いてもらえるまでずっと耐えていなければならないのです。

愛犬を苦しさから救ってあげられるのは、動物病院の先生ではなく飼い主さんですよ。

なぜなら獣医さんも、飼い主さんが気付いてあげなければ救う術がありませんから。

「これぐらい大丈夫だろう」と勝手な判断はやめて、何か病気ではないかと感じたらすぐに動物病院に受診して下さいね。