愛犬に一生元気で過ごしてもらうために体重管理はとても大切ですね。

そのためには、その犬にあった適切な餌の量を知らなければいけません。

でも、餌って年齢や体重などで与える量が異なるので難しいですよね。

今回はそんな気になる餌の量について色々調べてみました。

Sponsored Links

子犬時のポメラニアンの餌の量は?

 

消化器官がまだ未発達である子犬の時期は、一度に沢山の量を食べても消化する事が出来ません。生後2か月~3か月までは、

お湯でふやかして少し硬さが残る子犬用のドッグフードを一日3~4回に分けて与えます。

 

各ドッグフードによって量は多少変わってきますが、(体重1㎏の場合)50g~70gがだいたいの与える量になります。

生後4か月~5か月(体重1.2㎏の場合)70g~80gの量を一日3~4回に分け、フードはふやかさずにそのまま与えて下さい。

そして、生後半年以上から餌は一日2回に分けて与えます。

 

各ドッグフードに記載されている量を参考にし、後はあまり神経質にならず、体格とうんちの出方によって調整して下さい。

うんちはティッシュでつまめる程度の柔らさが丁度良いとされ、コロコロのうんちだと餌の量が少なく、反対に軟便だと餌の量が多すぎるという事が分かります。また、体に触れた際に肋骨に軽く触れる程度の肉付きが理想だと言われています。

 

餌の量は運動量や体重によっても変わってくるので、例えば「2か月なので餌の量は○g」と、月齢だけで判断するものではありません。

 

ポメラニアンの平均体重は?

JKCに記載されているポメラニアンの理想体重は1.8㎏~2.3㎏とされています。

しかしこれはあくまで体高20±2㎝の話で、体型が大きめなポメラニアンでは体重が4㎏以上ある子も見られます。

ポメラニアンの平均体重は1.5㎏~3㎏とされていますので、それ以上あると不安を覚える飼い主さんもおられるかもしれませんが、体重と体格に合っていれば4㎏以上あっても肥満とはいえません。

 

子犬の体型は親の遺伝によるものがほとんどなので、大きくなる子は大きくなります。

大きくなるはずの子の餌を減らす事で成長を妨げてしまうのは決して理想的ではありませんし、健康に育ちません。

必ずその犬の体型と体重にあった餌の量を与えて下さい。もし肥満かどうかが気になるようでしたら、獣医師にチェックして頂くのも良いですね。

 

成長が止まった成犬時の体重は1歳時の体重が、その犬の理想体重だとされており、その体重からあまり極端に増えたり減ったりする事のないのが望ましいとされています。

犬は避妊手術や去勢手術などによりホルモンバランスが崩れ太りやすくなると言われますので体重管理も難しいですね。

 

しかし、犬は一度肥満になってしまうと、なかなか体重が落ちません。

日頃からの適度な運動と適切な食事量で体重管理をしてあげて下さい。

適切な量を与えているにも関わらず、ポメラニアンがもっと餌が欲しいと要求する場合は、餌の量は変えずに与える回数を増やしてみましょう。

 

何度も餌が貰える事で満足する場合があります。また、餌を分けて与える事は、ダイエットにも良いとされています。

他にも蒸した野菜をトッピングしてみたりと、ポメラニアンがストレスを溜めないように体重管理をしていきたいですね。

 

まとめ

子犬の頃はあんなに小さかったのに、あっという間に大きくなっちゃいますよね。

子犬時代は餌の量一つにしてもそれが適切な量なのか不安で仕方なかったですが、今元気に過ごしている愛犬を見る分には恐らく大丈夫だったのでしょう(笑)

何かと不安な子犬の時期ですが、あまり神経質にならず可愛い時期を見逃さない様に愛犬と楽しく過ごして下さいね。