皆さんのお家のポメラニアンはどんな事をすると喜びますか?愛犬がニコニコ笑顔でしっぽをブンブン振る姿を見るとこちらまで嬉しくなりますよね。

常に楽しいことを探している好奇心旺盛な彼らはどんなことで喜んでくれるのでしょうか。

今回はポメラニアンが喜ぶことをまとめてみました。

また、ポメラニアンが懐いてくれる方法なども調べてみましたので宜しければ是非ご覧ください!

Sponsored Links

ポメラニアンは喜ぶこと

 

  • 飼い主さんと遊ぶ。

ポメラニアンは遊ぶことが大好きです。

ボールなどの持ってこい遊びや、ヒモなどの引っ張りっこも無我夢中で遊びます。

しかし、ジャンプをするような遊びは骨折の危険があるのでやめておきましょう。

また、あまり興奮させ過ぎるのもよくないので、適度に休憩をはさみながら上手に遊んであげて下さい。

 

  • 散歩をする

散歩はポメラニアンにとって最高のストレス発散の時間であり、他の犬と出合う社交の場でもあります。

また、大好きな飼い主さんがずっと一緒にいてくれる嬉しさもあり、ポメラニアンにとって散歩は毎日の楽しみの一つです。

愛犬のペースでのんびり歩いてあげて下さい。

散歩の時間に関しては個体差があるので、ポメラニアンだから散歩は何分などと決めないで、ポメラニアンの様子を見て散歩を長くしたり短くしたりして下さい。

 

 

  • 褒める

犬は飼い主さんに褒められるととても喜びます。

頭をなでたり、飼い主さんが笑顔を見せることで嬉しい気持ちになります。

犬は人間の感情を読み取ることが出来る動物といわれます。

飼い主さんが喜んでくれるとポメラニアンも嬉しいのです。

褒めることはやる気にも繋がりますので、しつけなどで大いに役立てて下さい。

 

  • マッサージをする

人間と同じ様にポメラニアンもマッサージは気持ち良いものです。

正しいマッサージの仕方が分からなくても優しく全身をなでるだけでも気持ち良いと思ってくれます。

触っているうちにポメラニアンが目を閉じだしたらリラックスしている証拠ですね。

マッサージには色んな意味が含まれており、一つは犬の全身を触ることで、体のどこを触っても嫌がらない犬にするという意味です。

これはトリミングサロンなどを利用する際にも役立ちます。

もう一つは愛犬の健康チェックです。

全身を触ることにより体の異常を早期発見することができます。

触ると痛がる箇所や皮膚の異常を発見したら速やかに動物病院にご相談下さい。

 

ポメラニアンに懐かれるには

 

ポメラニアンに限らず犬を懐かせるには、まず主従関係をしっかり築く必要があります。

[主従関係を築く]と聞くと難しい感じがしますが、特に難しいことではありません。

毎日トイレの世話をし、散歩に連れて行き、餌やおやつを与えることで主従関係は築かれて行きます。

犬に嫌われたくないからといっていつも甘いのはダメです。

 

叱る時はきちんと叱る、褒める時は思いっきり褒めるというメリハリをつけることが主従関係を築くうえでとても大切です。

また、早く懐かれたいからとポメラニアンと四六時中べったり一緒にいると、飼い主さんへの依存心が強くなり、いずれ分離不安などの問題行動を引き起こしかねません。

ポメラニアンが独立出来るような少し離れた関係を築きましょう。

主従関係が築かれると、しつけもしやすくなります。

犬だって何かを学ぶ時は信頼している相手から学びたいですものね。

 

まとめ

 

愛犬が喜ぶことはどんどんしてあげたいですよね。

我が家のポメラニアンも私が「散歩に行こうか!」というと満面の笑みで尻尾をぶんぶん振って応えてくれるので、こちらまで嬉しくなってしまいます。

反対に喜ぶだろうと思ってしたことが的外れになってしまいガックリすることもありますよね。

たとえば喜んでくれるのを想定して買ったおもちゃに無反応だったとか、逆に怖がられたとか!

皆さんも「愛犬を喜ばせるつもりが・・・」という経験はありますか?犬の気持ちを完全に理解するのは何年飼い主をやっていてもなかなか難しいですよね。

お互い頑張りましょう(笑)

 

では、今日も皆さんの愛犬の最高の笑顔が見られますように!