お散歩で、嬉しそうにピョンピョン跳ねているトイプードルを見かけると、可愛くて、見ているこちらまで嬉しくなってしまいますよね。

でも、トイプードルは脱臼しやすい犬種ってご存じでしたか?

ジャンプが得意で大好きでトイプードルなのですが、健康の為にはあまりピョンピョンさせない方が良いようです。

今回は、そんなトイプードルがしやすい脱臼について詳しく書いていこうと思います。

Sponsored Links

トイプードルの脱臼症状と治し方

 

脱臼とは骨が関節から外れてしまった状態を言いますが、トイプードルのようにジャンプが大好きな犬種は脱臼をしやすく、膝蓋骨(しつがいこつ)脱臼、肩関節脱臼、股関節(こかんせつ)脱臼はトイプードルがしやすい脱臼だと言われております。

中でも膝蓋骨脱臼は犬の脱臼の中で最も多いと言われる脱臼で、犬の脱臼の20%を占めております。膝蓋骨脱臼とは、犬の後ろ足の膝蓋骨(膝のお皿)が正常な位置からずれてしまっている状態を言い、特に小型犬に多い病気です。

 

患う原因は、先天性(生まれつき)のものと後天性(生まれた後)のものがあります。

先天性のものは、膝蓋骨が収まっている溝が先天的に浅い事や、膝関節周囲の骨、筋肉の付き方の異常などが膝蓋骨脱臼を起こす原因と言われておりまして、後天性のものは、打撲や落下などの怪我や事故が原因で起こります。

また、肩関節脱臼は、前足の関節の一つである肩関節が外れる事を言いまして、トイプードルやポメラニアンなどは先天的な関節異常により肩関節脱臼を引き起こす事が他の犬種に比べて多いですが、高い所から飛び降りたなどの外傷によるものは、どの犬種でも起こり得ます。

そして、股関節脱臼は、後ろ足の付け根の関節が外れてしまった状態を言います。

足の付け根に強い衝撃を受ける事が股関節脱臼の原因と言われ、高い所からの落下、交通事故などによるものが多いとされております。

トイプードルが脱臼しているかどうかは、足を引きずっていたり、スキップするような走り方をしているなど、歩き方に症状が出るようです。

異変に気付いたらすぐに動物病院へ受診して下さい。病院による犬の脱臼の治し方は、軽度か重度かによって変わってきますが、脱臼が軽度であれば、消炎剤の処方や、全身麻酔をかけ脱臼した関節を元に戻すという方法などがあります。

また、何度も脱臼を繰り返しているなど重度の脱臼(膝蓋骨脱臼に関しては軽度でも)は再発防止の為、しっかりと骨を固定する外科手術が勧められます。

 

手術の費用の相場は?

 

トイプードルに最も多いとされる膝蓋骨脱臼にはグレードが1~4までありまして、手術の適用は、一般的にグレード3までが対象となり、グレード4では手術が非常に難しくなり、完全な回復が見込めない可能性がある為、その点を理解した上での手術になります。

手術費用はグレードにより異なり、グレード3ならば、小型犬ですと大体手術費、入院日含めて相場は12~14万円。グレード4になると一気に値段が上がり、30万円~かかります。

術後のリハビリ、通院費を含めると更に高額になります。

退院後は関節に負担をかけないように安静に過ごす事が大事になります。

フローリングは絨毯を敷いたり、階段の上下運動は出来るだけさせないようにし、ジャンプしたり二足歩行したりする事も止めさせて下さい。なるべくケージの中で落ち着いて過ごしてもらいましょう。

 

まとめ

 

トイプードルは先天性による脱臼が原因の場合が多いので、防ぐ事は難しいですが、それでも悪化させない為に、お家の中で関節への負担を減らす工夫は必要ですよね。

たまに飼い主さん自ら脱臼した関節をはめるなどという話を聞きますが、素人がすると脱臼が重症化してしまう可能性のある大変危険な行為です。

脱臼してしまったら必ず動物病院に受診して下さいね。