皆さんは、「トイプードルの白内障」と聞くと、やはり、人間のように高齢になると罹るイメージでしょうか?

もちろん、犬も人間と同じように高齢になると白内障のリスクが高くなるのは事実なのですが、トイプードルは若くても白内障になる場合があります。

今回はそんな、トイプードルの白内障について調べてみました。

ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

 トイプードルの白内障の症状

 

白内障と聞くと、目が白くなるイメージがありますよね。

なぜ白くなるかといえば、目の中にある「水晶体」と呼ばれる、カメラでいうレンズの役目をする部分が、白く濁ってしまうからです。

レンズが汚れたまま写真を撮ると、ぼやけて写りますよね。

白内障の目には物がそのように映ります。

水晶体の濁りによって光がうまく通らず、目がかすむ、光が凄く眩しく感じるといった症状が現れ、ゆっくりと視力低下をしていった後、最悪の場合、失明に至るのが白内障という病気です。

 

トイプードルは遺伝的に白内障になりやすい犬種でして、年齢が若くともなる可能性はあります。

遺伝の他、生活習慣も関係していると言われておりまして、特に糖尿病は白内障を併発する可能性が高くなります。

 

白内障の初期では、まず黒目のふちの部分が少し白く濁って見えます。

この段階で飼い主さんが気付く事は難しい為、症状が進行しがちになります。

行動では、家などの慣れた所は平気で歩きますが、散歩などで歩き慣れない道を通った際などに障害物に当たるなどの症状が出てきます。

初期の段階では、まず夜道にこの症状が出始めまして、進行していくにつれ、視界が悪くなるので、犬が歩く事をためらったり、散歩に行く事自体を嫌がるようになる事があります。

 

しかし、行動によるものは気付くにくい為、一般的に飼い主さんが異常に気付くのは、目の白濁がだいぶ目立ってきた時でして、白内障がだいぶ進行してしまった状態といえます。

 

手術治療費用と予防

 

白内障の治療は、内科療法と外科療法がありまして、内科療法は、初期段階で行う治療でして、目薬や内服薬などで進行を遅らせます。

内科治療は金銭面の負担も犬の体への負担も少ないですが、あくまで遅らせるだけでして、根本的治療にはなりません。

 

外科療法は手術になります。

手術の方法は、白内障の原因となっている白濁した水晶体を超音波の振動で粉砕し、水晶体の代わりに眼内レンズと呼ばれる人工レンズを代わりに挿入します。

 

成功すれば完治しますが、金銭面の負担は大きくなりまして、手術費用は、手術前の検査費、手術費、入院費、術後の投薬費など含めると、大体、片目で30万円~50万円が相場だと言われております。

 

また、高齢犬の場合、全身麻酔のリスク、術後の投薬やエリザベスカラーによる犬の精神的な負担も考えますと、慎重に考えざるを得ません。

 

そんな恐ろしい白内障にならない為に、是非とも予防をしたいですが、残念ながら現段階では白内障に何故なるのか解明されておらず、完全な予防は不可能と言われております。

なので、飼い主さんによる早期発見が一番の予防策、進行防止策という事になります。

また、生活習慣を見直し、肥満を予防する事で、糖尿病から白内障を併発するリスクを減らします。あと、口コミになりますが、ドッグクララスティルという目薬が、白内障治療に効果ありと話題になっています。効

果の程は分かりませんが、気になる方はHPをご覧下さい。

 

まとめ

白内障になると、患ったトイプードルは勿論の事、目の当たりにする飼い主さんも辛いですよね。

手術の決断もかなり勇気が要ると思います。

 

バディちゃんという白内障のチワワをご存じですか?

白内障で視力を失ったバディちゃんの為に、飼い主さんが壁への激突を防ぐ補助具を作ってあげました。

その優しい映像が今、世界中で話題になっています。

補助具をつけて嬉しそうにお散歩しているバディちゃんを見ると、こちらまで幸せな気持ちになり、なんだか凄く勇気を頂きました。

どんな時でも愛犬を幸せに出来るのは飼い主さんなんですね。