ペットショップで売られている犬の値段を見て、同じ犬種で同じ月齢にも関わらず、価格が全く異なっているのを見た事がありませんか?

トイプードルもそれは同じで、同じ生後二か月なのに、片方の子が10万円なのに対して、もう片方の子は20万円以上と、倍近く違う事もあります。

なぜなのでしょうか?今回は、そんな気になるトイプードルの値段の違い、そして、トイプードルの値段が安くなる時期を調べてみました。

Sponsored Links

 トイプードルの値段に違いがある理由

スクリーンショット 2016-04-24 0.14.16

 

トイプードルの平均価格は20万円~30万円といわれておりまして、超人気犬種だけあり、さすがの高額ですが、値段の差はかなり激しく、高額なトイプードルになると、50万円以上(希少な子になると、80万円~100万円以上)するのに対して、10万円以下で売られているトイプードルもいます。

 

値段の差の理由は沢山ありますが、まずは毛色ですね。

人気色のレッド、アプリコットは、他の毛色に比べ、3~5万円程高値がついています。

(しかし、ミスカラーと呼ばれる、例えばレッドの中にワンポイントで白が混じっていたりすると、一般人からは全く分からない混じりでも値段が下がっている事があるようです。)

 

そして、ショードッグのチャンピオンの子であるとか、先祖にチャンピオンが何頭入っているかで10万円単位で変わってくるそうです。

 

更に、小さければ小さいほど人気傾向で、タイニーサイズといわれる成犬時の体重が3㎏前後になる子に比べ、ティーカップサイズといわれる成犬時の体重が2㎏に満たない子の方が値段は高くなっております。

 

余談ですが、このティーカップサイズというのは、けっこう曖昧な物のようで、成犬時にティーカップサイズじゃなくなったというのはよく聞きますよね。

 

業者によっては、不健康な子や、わざと適切なご飯を与えず小さくした子をティーカッププードルだと言って売る事もあるそうで、そういう子は、家庭で適切な食事をするようになると元来なるはずだった大きさに育つようですね。

 

ティーカッププードルのブリーディングはかなり奥が深いようで、そんなに簡単なものではないようです。ティーカッププードルを購入時は、きちんとした業者さん探しが必須ですね。簡単な見分け方としては、子犬の頃は、小さくてもコロコロ丸い事が大事だそうですよ。

 

カラー、血統、サイズの他に値段の違いに関わってくるのは、毛並みの良さと歯の噛み合わせ、そして、オスかメスかという事でも値段が変わってきます(メスの方が育てやすいとの理由から人気があります。)

 

 

トイプードルは生後何か月から安くなる?

スクリーンショット 2016-04-24 0.14.12

 

トイプードルはというか、どんな犬種でも日齢が若ければ若いほど人気があり高値がつきます。子犬は本来、生後3か月までは社会性を学ぶ為に親元にいなければならないといわれていますが、ペットショップを見ると生後一か月弱くらいの子犬が売られているのをよく見かけますよね。

 

高く売れる時期は、生後2か月までといわれており、これは一番可愛い盛りという理由からで、この時期を過ぎ、生後4か月過ぎた頃から値段は下がっていきます。

 

生後4か月以降のちょっと成長した子は、ショーケースも狭く見え、見栄えが悪い。食事代もかさむ。売れ残りを置いているというイメージが付くなどの理由から早く売れるように安くなっていくようです。

 

もちろん4か月を過ぎても十分可愛いし、別に小さくなくても良いという方には有難い事ですよね。

 

まとめ

 

高い子は100万円以上するなんて驚きですよね。

値段が高い子もいれば、安い子もいますが、私個人の意見としては、その子をいくらで買ったかよりも、これからその子にいくらかけてあげられるかの方が大事な事に思います。

それは、贅沢をさせろという事ではありません。

長生きしてもらう為に良いフードを与え、するべき時に適切な医療を受けるという行為を犬の一生分続けると、とてもお金がかかります。

犬の一生にいくらかけてあげられたかこれこそが飼い主さんの一番大事な事であり、誇りに思うべき事かなと私は思います。