いつも元気いっぱいのトイプードルに元気がなかったりすると心配になりますよね。

こんな時は、もしかしたら熱が出ているのかもしれません。

今回は、トイプードルの熱やそれによって起こる病気についてまとめてみました。どんな症状の時に熱を疑えば良いのか知っておくのは大事ですよね。ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

トイプードルの熱がある時の症状やサインは?

 

トイプードルが普段と比べて元気がない、食欲が落ちている、散歩に行きたがらない、

冷たい場所に伏せているなど、いつもと違う感じがしたら、病気のサインかもしれません。

 

すぐに熱がないかチェックしましょう。

小型犬の平熱は38.6℃~39.2℃前後でして、40℃を超えていれば急いで病院に受診しなければいけません。

熱を計る時は、ペット用の体温計があればそれを使用し、なければ人間の体温計を使います。

計る場所は人間の様に脇や口ではなく、肛門で計ります。尻尾を掴んで上にあげると自然に肛門が広がります。

ベビーオイルやワセリンなどを塗って滑りをよくし、肛門に体温計を入れて下さい。(人間の体温計を使う場合は、ラップを巻いておくと後処理が楽です。)また、体温計がその場にない場合は耳を触ってみても分かります。

耳は犬の体の中で、一番毛が少なく冷たい場所なので、耳が熱ければ発熱している可能性が高いです。

発熱が分かった時は病院に行く事が大事ですが、すぐに受診出来ない場合に、自宅でも行える熱の下げ方があります。

まず、部屋の温度をトイプードルの適温である20℃~25℃にし、加湿器などを利用し、湿度を高めに設定しておきます。また、体を冷やす為に脇や内股の付け根をアイスノンや、保冷材で冷やすと良いのですが、それが難しいようでしたら冷えたタオルで拭いてあげるのも効果的です。

 

熱によって疑われる病気は?

 

犬が高熱を出している場合に考えらえる病気として、熱中症、中毒、ケンネルコフ、ジステンバーなどがあります。

熱中症の症状はハァハァと苦しそうに呼吸し、よだれを流し続けます。

熱中症になる原因としては、屋外飼育、暑い日の日中の散歩、お出かけ、暑い部屋で長時間の留守番をさせる事などが挙げられます。

 

意識がある場合はとにかく水分補給をさせるが大事で、体を冷やし、一刻も早く受診して下さい。

中毒は、犬にとって害になる物を誤って摂取してしまう事により中毒症状となり、症状は発熱の他に、嘔吐、下痢が見られます。

犬が中毒を起こすと言われている代表的な食べ物は、玉ねぎ、チョコレート、キシリトールなどで、他にも散歩時に除草剤や植物の化学肥料を口に入れてしまったなどの事故もきかれます。

食べてしまった場合は一刻も早く病院へ連絡をし、適切な指示を仰ぎましょう。ケンネルコフ(伝染性気管支炎)とは、犬風邪の総称で、発熱の他に咳、嘔吐などが見られますが、症状が軽い場合、数週間もすれば完治します。

しかし、こじらせてしまうと、治りも悪くなり肺炎になる恐れもあります。

ケンネルコフに罹る原因は、他の犬からの飛沫感染で、犬が沢山いる場所での感染が多く見られます。

こじらせない為にも安静を心がけ、十分な栄養を摂らせましょう。ジステンバーは、犬の死亡率が高い伝染病です。特に免疫力のない子犬が罹りやすく、初期症状では、発熱の他に食欲低下などが見られます。

初期はケンネルコフと間違われやすく、状態が酷くなってからジステンバーと気付く場合もありまして、酷くなるとけいれん、麻痺などの神経症状も出てきます。

ジステンバーに罹る原因としては、感染した犬との接触が挙げられます。ジステンバーは予防接種で防げる為、年に一度必ず接種して下さい。

 

まとめ

 

これからの季節、特に注意したいのは熱中症ですよね。

エアコンをかけているからと安心して留守番させてしまいがちですが、カーテンを閉め忘れて直射日光が入り込んでしまうとエアコンの効きも悪くなり危険です。カーテンの閉め忘れにはご注意下さい。

また、ケージで留守番させる場合は必ず日が当たらない涼しい場所を選んで