貴方のお家に来たトイプードルの子犬も生後4か月を迎えました。

いつものように楽しそうにおもちゃで遊んでいる子犬ですが、あれ?よく見たらおもちゃに血が付いています。

おもちゃで口を切ったのかと慌てる貴方ですが、ちょっと待って下さい。

それは歯の生え変わりかもしれませんよ?

今回は、トイプードルの乳歯の生え変わりについて色々調べてみました。

ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

乳歯の生え変わり時期はいつ頃?

 

犬の歯の本数は、乳歯の時は28本、永久歯になると42本となり、乳歯の時に比べると歯が14本も増える事になります。

犬の歯のそれぞれ役割は、前歯(切歯)は獲物を捕まえる為などにあり、犬歯は獲物を引き裂く為にあります。前臼歯(ぜんきゅうし)は骨を切断する為などに、そして後臼歯は食物のすりつぶしなどを行う歯です。

 

そして、大きな先の尖った裂肉歯(れつにくし)は硬い肉などを剪断し、飲み込みやすくするための歯です。

このように犬にとって歯は、獲物を獲ったり、食べたりする為の、生きて行く上での大事な「武器」と言えますね。

 

犬の乳歯は、およそ生後4、5か月で生え変わり始め、生後7か月~1歳の間に、大体生え変わりが終了しています。

乳歯は、飼い主さんが気付かない内にいつの間にか抜けて、いつの間にか生え変わっている事が多く、大体おもちゃで遊んでいる時や、ご飯を食べている時などに、子犬が抜けた乳歯をそのまま飲みこんでしまっているため、気付きにくいようです

 

しかし、歯が抜ける際に出血をする事もあり、噛んでいたおもちゃに血が付着しているのを発見して、歯の生え変わりに気付く飼い主さんもおられるようですね。

乳歯が抜けた際の出血は一時的なものなので、すぐに止まります。また、子犬が乳歯を食べてしまったとしても、うんちと一緒に出てくるので問題ありません。

 

歯が生え変わる際、乳歯の根っこがグラグラしている時など、歯がむず痒くなり、やたらと硬いものを噛みたがります。

そういう時に口の中を覗くと、もしかしたら抜けた歯が見られるかもしれません。

また、抜けた歯が床に落ちている事もありますので、記念に乳歯をとっておきたいなどの希望があれば、毎日子犬を観察してみて下さいね

 

歯の生え変わり時期は、食欲や口臭に変化が?

 

歯が抜け始めると、口臭が気になる事があります。

これは、歯が抜けた際に出血し、その血に雑菌が付着した事により、血生臭い何とも気になる臭いを放ちます。

 

しかしこれは一時的なものですので、口臭が気になる時は、口内を清潔にしてあげる事により、改善されます。

ウェットティッシュやコットン、ガーゼなどで歯の部分をそっと拭いてあげて下さい。

 

口の中の汚れをまめに取れる事で、口臭もだんだん薄れていきます。

 

また、歯の生え変わりの時期は、食べ辛さから一時的に食欲が落ちる事が見られます。

これは、食べ物を小さくしたり、柔らかくしてあげる事によって改善する場合が多いので、ドライフードを与える際は、ふやかしてあげたり、細かくして与えてみて下さい。

 

歯の生え変わりの際に気を付けたいのが、乳歯遺残(にゅうしいざん)と呼ばれるもので、これは、乳歯が抜けずに永久歯が生えてきてしまう事を言います。

乳歯遺残は主に小型犬に多く見られますが、歯が乳歯と永久歯の2重になってしまう事から歯磨きがしにくくなり、歯垢や歯石が付きやすくなるため、歯周病の原因にもなります。

 

また、永久歯の成長がし辛くなるため、歯の噛み合わせにも影響する事があります。

乳歯遺残になっていたら早めに獣医師に相談しましょう。

 

まとめ

 

歯の生え変わりって、一つ大人になっていく我が子を見るようで感動しますよね。

ちなみに我が家の犬は、乳歯は全て食べてしまいましたが(笑)

愛犬の歯がいつまでも丈夫でありますよう、お互い歯磨き頑張りましょうね!