生後2か月の時に貴方のお家にやってきたトイプードルの子犬も、

いっぱい遊んでご飯を食べて、順調にすくすく育ってくれています。

ところで、トイプードルっていつまで成長するのでしょうか?

今回はそんな気になるトイプードルの成長について色々調べてみました。

ご参考になれば幸いです!

Sponsored Links

 トイプードルはいつまで大きくなる?

 

トイプードルは、生後6か月頃までが一番の成長期と言われ、この頃、一気に体高が伸び、体重が増えます。

 

成犬時の大きさは、生後2、3か月の大きさが重要とされ、生後2か月時の体重の3倍、または生後3か月時の体重を2倍したものが成犬時の体重だと言われておりまして、例えば、生後2か月の時点で体重が1㎏ならば、成犬時に体重は3㎏という事になります。

 

トイプードルの成犬時の体重は、3㎏~4㎏だと言われておりますが、JKC(ジャパンケンネルクラブ)によるトイプードルの体重の規定はなく、JKCが公認しているトイプードルの規定は「体高」でして、成犬時における理想の大きさとして、体高が28㎝以下(理想は25㎝)と言われており、この体高26~28㎝が、体重3㎏~4㎏にあたります。

 

トイプードルの体重は遺伝もありますが、環境でも随分変わる事がありまして、例えば運動量の多い活発な子と、運動をあまりしない大人しい子とでは筋肉の付き方も違いますし、骨量も違います。

なので、例えば同じ月齢のトイプードルに比べて体重が重いからといって必ずしも肥満というわけではありません。

筋肉が付いている犬はスタイルがよく見えますが、体重は重いのです。

 

よく、肥満と間違えてしまったり、小さいままでいて欲しいという思いから

餌を減らしてしまう飼い主さんがいるようですが、子犬の身体を作る大事な時期ですので、肥満でなければ餌を減らさないで下さい。

 

人間の成長と同じですので、餌の量を変えても遺伝子的に大きい子は(身長が)大きくなりますし、小さい子は小さいままです。

大きく育つはずの子が餌を減らす事によって小さくなってしまうのは

発育不良でして、健康な状態とは言えません。

肥満かどうかは、手で肋骨に触れてみれば分かります。手で触ると肋骨を感じるならば肥満ではありません。

餌の与え過ぎかどうかはうんちの固さで判断して下さい。

うんちが緩ければ餌のあげ過ぎで、固ければ足りていません。

 

トイプードルの成長が止まる頃は?

 

子犬の成長も8か月経つ頃には緩やかになり、だいたい1歳までには成長が止まりますが、中には1歳6か月頃まで成長し続ける子もいます。

 

急速に体高、体重が変わるのは6か月頃までなので、どうしても希望のサイズの子が欲しい場合は、生後6か月以降の子を迎えるのが確実だと言われています。

よく子犬の母親を見れば成犬時の大きさが分かると聞きますが、隔世遺伝もあり、兄弟で大きさが全然違うなんていう事も

よくありますので、親だけを見て判断するのも確実とはいえません。

 

また、同じ体重のトイプードルでも、「体型」によって、小さく見えたり、大きく見えたりします。

トイプードルの体型は「スクエア」「ドワーフ」「ハイオン」と3つのタイプに分かれておりまして、スクエアは、体高(地面から肩までの高さ)と体長(胸から尻尾の付け根までの長さ)の比率が同じである事からスクエア(正方形)と呼ばれ、トイプードルの理想体型だと言われております。

 

そして、体長より体高が短い、つまり短足なトイプードルは「ドワーフ」と呼ばれ、足が短い事から、実際の体重よりも

見た目が小さく見える事があります。逆に体長より体高が長いトイプードルは「ハイオン」と呼ばれておりまして、足が長い事から実際の体重よりも大きく見えます。

 

また、前述で記載しましたが、骨格であったり、筋肉の付き方で同じ体重でもずいぶん見た目も変わってきますので、トイプードルの大きさの目安は体高で。という規定の意味が分かりますね。

 

まとめ

 

思い返してみると、とても楽しかった育犬時代ですが、当時は楽しいなんて余裕はなく、ちゃんと育つのかなって、ちょっとした事で毎日心配になったりしますよね。

でも、飼い主の心配をよそに、子犬は毎日着実に育っています。

一時しかない子犬時代をどんどん楽しんで下さいね。

皆様のワンちゃんが健康にすくすく育つ事をお祈りしております。