皆さんのお宅のトイプードルは、お留守番時はケージで過ごしますか?

それとも室内フリー状態ですか?

そもそも室内で飼っている犬にどうして更にお部屋(ケージ)が必要なのでしょうか?

不思議に思われる方も割と多いと思います。

そこで今回は、そんな疑問を解決するべく、トイプードルの留守時のケージの必要性についてまとめてみました。

おすすめのケージもご紹介していきますので、是非ご覧下さい。

Sponsored Links

 トイプードル(成犬)の留守番時のケージ

 

なぜトイプードルに限らず、犬にケージが必要なのかと言いますと、犬はもともと小さな巣穴を掘って、そこをねぐらにしていた生き物ですので、その習性から考えても、巣穴のように誰にも邪魔されない自分だけの小さな場所が欲しいのです。

その代わりを務めるのがケージでして、ケージにより、囲まれる事で安心感が生まれ、守るべきテリトリーも狭い方が安心して

体を休める事が出来ます。

 

犬が自分の動ける範囲をテリトリーだと考えている場合、室内フリー状態で留守番をさせてしまうと、部屋全体が全て自分の守るべき場所になってしまい、どこから敵がやってくるか分からないので、落ち着く事ができず、少しの物音でも緊張感で吠えてしまう事も出てきます。

 

また、普段からケージやクレートなどの狭い場所に居られる練習をしておかないと、

病院や、災害時などの移動にも困ります。

 

急にペットホテルにトイプードルを預ける事になった場合にも、ケージ慣れをしていないとトイプードルにとって大変なストレスとなり、可哀想な思いをさせる事になります。

また、ケージは、留守番時の誤飲、誤食からも守ってくれる大事な役割をします。

 

留守中フリーの状態にしておいたら、テーブルに置いてあったおかしを盗み食いしようとした際に包んであったビニールを飲みこんでしまったり、犬にとっては大変有害なたまねぎやチョコレートを食べてしまったなんて事もあります。

また、危険なのは誤飲、誤食だけではなく、ジャンプ大好きなトイプードルがテーブルや椅子などの高い場所から飛び降りる際に失敗し、骨折するという事も十分考えられます。

 

貴方のお家のトイプードルがいたずら好きならば特に留守番時はケージに入れておく必要性がありますよ。

 

 

留守番時のケージの大きさは?おすすめ紹介!

 

トイプードルの留守番時におけるケージの必要性は、お話させて頂きましたが、では、トイプードルにはどのくらいの大きさのケージが必要なのでしょうか?

トイプードルの成犬が体重4㎏くらいだとして、長く留守番させるのであれば、手足が伸ばせるように、少し広めの幅120㎝くらいがおすすめです。

 

また、ジャンプが得意なトイプードルが飛び出さないよう、なるべく高さがあるものか、屋根がついている物を選んだ方が安心です。

 

そして、ケージ購入時にやはり掃除のしやすさはかなり重要視されるようで、ケージを丸洗い出来る物や、最近では、下のトレーが引き出せるようになっており、お手入れがとても楽なケージなどが人気があるようですね。

また、キャスター付きのケージは、移動がしやすく掃除も楽なので、こちらもおすすめです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。一口にケージと言いましてもお手頃価格から、なかなか手が出せないお値段のするものまで、幅広くありますが、最近はまるでインテリアの一部のようなオシャレなケージも目にするようになり、ケージを選ぶのも楽しくなってしまいますね。

勿論、ワンちゃんの事を考えて機能重視なのですが、せっかく置くなら可愛いやオシャレに越したことはありませんよね!

皆さんも、ワンちゃんに快適で素敵なお家を見つけてあげて下さいね。