「暑いですね」が挨拶代わりになってきた今日この頃。

昼間にお散歩している犬もあまり見かけなくなりました。

これを乗り切り、夏が過ぎると、その後は待ちに待った犬が喜び庭かけ回る季節の到来です。と言いたいところですが、犬も、みんながみんな冬が得意な訳ではありません。

寒さに強い犬もいれば弱い犬もいます。

我らがトイプードルは果たして寒さに対して強いのでしょうか?

それとも弱いのでしょうか?

今回は、トイプードルの寒さへの耐久性について調べてみました。

Sponsored Links

 トイプードルは寒さに強いのか?弱いのか?

 

結論から言いますと、トイプードルは寒さにとても弱いです。

調べて見ると、サイトにより様々な意見の違いがありましたが、「トイプードルはシングルコートなので寒さに弱い」という

見解が圧倒的多数でした。

 

ではこの、「シングルコート」とは何かを見ていきましょう。

犬の被毛の生え方は、犬種によって異なり、「ダブルコート」と呼ばれる被毛を持つ犬種と「シングルコート」と呼ばれる被毛を持つ犬種がおります。

 

ダブルコートというのは、オーバーコート(上毛)とアンダーコート

(下毛)の二つの被毛が生えている事で、ポメラニアンや柴犬、ゴールデンレトリーバーなどは、このダブルコートを持つ犬種です。

対して、シングルコートの犬種、プードルやマルチーズなどは一つの被毛しか生えておらず、上毛しかありません。

下毛は、暑くなると抜けて、冬になると生えるという体温調節と保温効果の役割を果たしています。したがって下毛の生えていないシングルコートの犬種は、冬は冷気を直接感じやすく、寒さがとても苦手のようです。

 

また、体温調節が苦手という事から暑さもかなり苦手といえます。

 

トイプードルの子犬の寒さ対策、注意点

 

シングルコートの犬種は、暖かい地域で生まれた為、保温効果のある下毛の必要性がなかったので、シングルコートになったと言われております。

 

なので、トイプードルの、あの温かそうな被毛からは、あまり想像がつかないですが、寒さに弱いトイプードルの冬の寒さ対策は必須のようですね。

 

特に子犬は温度差に対する抵抗力が弱い為、注意が必要です。

室内はエアコンの温度を26度~28度にし、昼と夜の温度差にも気を付けて下さい。

また、風邪をひかないように加湿も心がけましょう。

ペットヒーターや、湯たんぽなども上手に取り入れたいですね。

 

冬のお散歩はなるべく暖かい時間のうちに行く事を心がけ、その際に、トイプードルの子犬が、寒そうに震えながら歩いていたりしたら、洋服を着せるなど防寒対策をしてあげて下さい。

 

また、歩かせる道ですが、冬のアスファルトはとても冷えています。

なので、なるべくアスファルトは避けてあげるようにし、出来れば芝生の上を歩いてあげて下さい。

 

また、子犬は肉球がまだ柔らかい為、肉球を傷つけやすく、特に寒い地域では、散歩時に氷を踏んだり、雪の下に落ちている物を踏んだ事によって怪我をする事もありますので、散歩から帰ったら、足の裏が傷ついていないかよくチェックしてあげて下さい。

 

上記の事が無いにしろ、冬は乾燥により肉球のひびわれなど起きやすく、肉球がぱっくり割れてしまったなんて事も珍しくありません。

肉球のひび割れ防止の為に、冬は肉球クリームを毎日塗って肉球ケアを心がけましょう

 

まとめ

 

私のイメージではトイプードルこそ、冬は喜んで庭を駆け回るイメージが強かったので、寒さに弱かったとは意外でした。

トイプードルの冬のお出かけには洋服が必須のようですが、今は人間顔負けの可愛い洋服が沢山あって、防寒目的は勿論の事、

オシャレとしても楽しめそうですよね。

 

冬は暖かくして、愛犬とどんどんお出かけを楽しんで下さいね。では今日も素敵なドッグライフをお過ごし下さい。