犬を飼った理由の一つに「健康の為」が含まれる方も少なくないのでは?

というのも、犬を散歩に連れて行く事により、毎日必ず何十分間か歩く機会が出来て、ダイエット効果を得られる事や、早朝散歩などにより生活が規則正しくなる事で健康増進にも繋がりますよね。

 

トイプードルは、小型犬の中でも特に運動が大好きでして、そうした理由から犬を飼いだした方にもぴったりのワンコと言えるのではないでしょうか。

しかし、実際トイプードルに適した散歩の時間や距離ってどのくらいなのでしょう?

また、一日何回くらい散歩に行けば良いのでしょうか?

では、そんな気になるトイプードルの散歩ついて詳しく見て行きましょう!

Sponsored Links

トイプードルの散歩の距離や時間は?

トイプードルは小型犬なので1回の散歩は20~30分が目安と言われています。

同じトイプードルでも、物凄く元気な子、そうでない子と個体差もありますので、あまり犬種で考えず、その子の状態に合わせて散歩の時間を決めた方が良さそうです。

 

よく、小型犬は散歩の必要がないと聞きますが、何か特別な理由がない限り、ストレス発散の為にもしてあげた方が良いです。

人間だって、ずっと家の中だけで過ごしていたらストレスたまりますよね。

犬は散歩で自然に触れ、人や他の犬など様々な物を見て刺激を受ける事で社会性を学びます。

 

外の世界を知らない犬は外の音に敏感に反応し、警戒して吠えるようになります。

そして、吠える事で飼い主さんに叱られ、ストレスで余計に吠えるという悪循環にもなりかねません。

 

また、健康の為にもお散歩は大事で、特に小型犬は膝蓋骨脱臼(膝の皿の位置が正常な位置から外れる状態)になりやすく、毎日の散歩で膝関節の周りに筋力をつけてあげる事で予防をします。

 

しかし、「健康の為にしっかり運動させなければ」という気持ちからか、時々、自転車で小型犬を散歩している方を見かけますが、自転車での小型犬の散歩は、走るので運動にはなるかもしれませんが、危ないのは勿論の事、疲れるだけで満足感は少ないと思います。

 

犬にとって散歩は、ゆっくり匂いを嗅ぎ、色々なものを見て回る楽しみなひと時です。

散歩の時間がない時は5分でも10分でも良いので、歩いて散歩してあげて下さい。

(※ちなみに自転車を走らせての犬の散歩は道路交通法違反です。)

 

 

トイプードルの散歩の一日の回数は?

先ほど、トイプードルの散歩は1回、20~30分が目安と記載しましたが、では、一日に何回行けば良いのでしょうか?

 

やはりこれも個体差がありまして、一日1回の散歩で満足するトイプードルもいれば、何度でも行きたいトイプードルもいます。

しかし、基本的には一日1回の散歩を長い時間行くのではなく、短い散歩を一日数回に分けて行く事が望ましいとされております。

体調も見ながら、少なくとも朝夕など2回は行く事がトイプードルの為には良いようですね。

 

しかし、毎日同じ時間に散歩に行くという習慣はつけない事です。

毎日同じ時間に散歩に行っていると、トイプードルは「散歩の時間」を覚えてしまい、その時間になると鳴くようになる可能性があります。

 

もちろん毎日同じ時間に散歩に行ければ問題ないのですが、何かの都合でその時間に散歩へ行けない日だってありますよね。

散歩の回数も同様で、一日3回必ず散歩へ行っていたものを、急に2回に減らされたら満足出来ずストレスがたまります。

そうならない為にも、行く時間も回数も時々変えて下さいね。

 

まとめ

犬の散歩をしていると、一人では絶対歩かない距離を知らず知らず歩いている事がよくあり、万歩計を見て驚く事が多々あります(笑)

また、同じ犬飼いさんと仲良くなったり、犬好きな人に声を掛けてもらったり、散歩は犬だけでなく人間にとっても大切な社交の場なのですよね。

 

外を歩く事、人と話す事により、犬のストレスを解消しているつもりが、私のストレス解消の機会になっていたりします。

春は桜を見ながら、秋は落ち葉を踏みながら、一緒に季節を感じ、これからも愛犬の散歩を楽しみたいですね。