今の時期、花粉症の方にはまだまだ辛い日々が続きそうですね。

そんな中、トイプードルが「くしゅん!」とくしゃみをする姿を見ると

あれ?この子も花粉症?なんて思ってしまいそうですね。

 

犬にも花粉症はあるそうですが、犬の花粉症の場合、人間のようにくしゃみが出る事は稀でして、一般的には皮膚が痒くなるなどの症状が出るようです。

ではトイプードルがくしゃみや咳をする時ってどんな時なのでしょう?

実は思わぬ病気が隠れている場合もあり、注意が必要なのです。

今回はトイプードルのくしゃみや咳をする原因についてまとめてみました。

ご参考になれば幸いです。

Sponsored Links

トイプードルの咳やくしゃみの原因は?

トイプードルがくしゃみをする原因として、香水やたばこなど何かキツイ匂いを嗅いだ時にくしゃみをしたりしますが、中には、病気が理由でくしゃみをしている場合もあります。

くしゃみ連発で、更に鼻水が伴ったら鼻炎かもしれません。鼻炎の原因は鼻腔へのウイルス感染、細菌感染、またアレルギーによるものと様々で、それによって鼻水の色もサラサラだったり、緑色の粘り気のあるものだったりします。

 

治療法としては、ウイルスや、細菌の感染が原因の場合、抗生物質や消炎剤の投与となり、アレルギーであれば、アレルゲンを特定し取り除くなどの治療をしていきます。

また、トイプードルが咳をしていればケンネルコフという呼吸器系の感染症を疑います。

ケンネルコフは特に原因菌が決まっている訳ではなく、犬の呼吸器感染の総称をケンネルコフ(犬風邪)と呼びます。ケンネルコフは、空気の乾燥している冬などに多く、発症すると激しい咳、吐き気などを伴います。

 

特に免疫力の低い子犬がかかりやすく、軽い症状では数週間もしない内に治りますが、複数のウイルスに感染してしまった場合など、こじらせると完治にひと月以上かかる場合もあります。

治療法は抗生剤、鎮咳剤を用い、完治するまでは他の犬がいる場所などには行かないようにしなければなりません。

 

また、ケンネルコフと同じく咳を伴う病気で、ジステンバーウイルス感染症という伝染病があります。

ワクチン未接種の犬、免疫力の低い子犬などは重篤症状を引き起こしやすく、感染すると、初期症状に咳やくしゃみ、高熱などの症状が現れ、血便、嘔吐などが起こる場合もありまして、更に悪化すると麻痺やけいれんなどの神経症状が見られ、死に至るケースも。

特に子犬の死亡率が高い伝染病です。治療法は抗生物質による二次感染を抑える※対症療法(※原因を取り除くのではなく、症状を和らげたりなくしたりする治療法)栄養補給、水分補給などでとにかく犬の体力を回復させる事が大事になってきます。また、予防法としては、年一回の予防接種が有効です。

 

くしゃみや咳が止まらない時の対処法は?

「ブーッ!ブーッ!」と豚の鳴き声のような音を出すのが特徴の逆くしゃみは、トイプードルには比較的多く発生する症状でして、くしゃみを出すのではなく、吸ってしまう事から逆くしゃみと呼ばれております。

病気ではありませんが、ずっと逆くしゃみをしていると心配になりますよね。

我が家の犬が逆くしゃみをする度に行っている方法は、鼻の穴をおさえる事です。

逆くしゃみの原因は鼻からの空気を勢いよく吸う事ですので、それが出来なくなり、口で呼吸する事によって、正しい呼吸が出来るようになります。

他にも、おやつを見せると、その匂いに気を取られ、止まったりします。ま

た、軽度のケンネルコフにより、夜中にトイプードルの咳が止まらない時などに、人間の咳の時もそうですが、はちみつをひと舐めさせてあげると、喉の痛みが和らぎます。更に、ハーブなども咳止めに効果があるものがあるようです。

 

まとめ

犬は人間のように辛さを訴える事が出来ませんので、飼い主さんの観察眼だけが頼りです。

飼い主さんが、犬の病気の種類、症状を知り、日頃から愛犬を観察しておく事が病気の早期発見に繋がります。ワンちゃんが誰よりも信頼している飼い主さんこそが、その子にとって一番の名医にならなければいけませんね。