皆さんは何かアレルギーを持っていますか?私は花粉症+うさぎアレルギーでして、

うさぎは大好きなのですが、触ると喘息みたいな症状が出るので触れません(苦笑)

ところで、トイプードルにもアレルギーはあるってご存じですか?

 

人間と同じ様に、犬にも花粉症もあれば食物アレルギーだってあります。

今回はそんなトイプードルのアレルギーについて考えていきたいと思いますので、

宜しければどうぞご覧ください。

Sponsored Links

トイプードルのアレルギー症状

アレルギーとは、体内の免疫システムの過剰な反応により起こるものでして、アレルギー体質の犬は症状が皮膚に出やすく、目や耳、口やお腹の周りに痒みや発赤の症状などが現れます。

皮膚の痒みから犬が舐めたり掻いたりし、掻いた箇所が赤くなり皮膚炎となります。アレルギーによる皮膚炎は2つに分類されておりまして、1つはアトピー性皮膚炎。もう1つは食物アレルギーです。

 

アトピー性皮膚炎とは、遺伝によりアレルギー反応が出やすい「アトピー体質」の犬が発症するもので、5歳以下の若い頃に症状が出る事が多いとされています。

 

原因は、花粉やハウスダスト、カビ、フケ、など様々でして、持続的に皮膚に激しい痒みを伴い、外耳炎、結膜炎なども引き起こします。

アトピー性皮膚炎は完治が困難とされ、患部が広がらない早い段階で治療する事が非常に大事だとされています。

治療薬は、痒みを抑える為の抗ヒスタミン薬、アレルギー反応を抑制する為の抗アレルギー薬、炎症を抑える為のステロイド剤などが主に使われます。

アトピー性皮膚炎を悪化させない為には、飼い主さんの心がけも大事となり、こまめな掃除でホコリや、ノミ、ダニの死骸などを徹底除去することや、獣医師に相談しながら犬のシャンプーを低刺激な物に変えてみたり、皮膚の保湿を怠らない事などが挙げられます。

 

食物アレルギーの原因はドッグフード(餌)?

犬の食物アレルギーは1歳に満たないとても若い犬が発症する事が多く、症状はアトピー性皮膚炎と同じく、皮膚炎、外耳炎などの症状が出ますが、他に下痢などの消化器系の不調もある事が特徴とされています。

 

犬が食物アレルギーを引き起こす原因とされる食物は牛肉、鶏肉、小麦、トウモロコシなどが挙げられますが、これらは全てドッグフードによく使用される食材とされておりまして、それらの食材の他に、ドッグフードに含まれる防腐剤、保存料、発色剤、着色料などの添加物が食物アレルギーを引き起こす可能性が高いと言われております。

 

食物アレルギーは、主に食材に含まれるたんぱく質が原因と言われておりまして、治療法は、アレルギーの原因となっている物の特定と、それを与えない事です。

今まで食べさせていたドッグフードを止め、たんぱく質の種類が限定された、食物アレルギー用の除去食と言われる療法食を1~2か月間ほど与えて様子を見ます。

 

また、皮膚に炎症を起こしている場合は内服薬や、軟膏などが処方されます。

更に、療法食ではありませんが、食物アレルギー用の犬の為に作られた「カナガン」というドッグフードは、穀物、人工添加物を一切使用しないなど、アレルギー物質を徹底排除している為、口コミでも評判が高く、獣医師もお勧めしております。

ご興味があれば検索してみて下さいね。

 

まとめ

 

トイプードルは毛が抜けにくく、皮膚が蒸れやすい為、皮膚疾患を起こしやすい犬種です。

アレルギー性皮膚炎などの予防、早期発見の為にも、日頃から愛犬のブラッシングなどでスキンシップを兼ねて皮膚の様子を観察する事や、こまめな掃除などで環境を整える事がとても必要になってきます。

環境を整える事は、愛犬だけではなく家族みんなの健康にも繋がっていきますので、お互いに日頃からこつこつ頑張っていきましょうね。