可愛い愛犬を抱っこして、顔を近づけて見たら「うっ!くさい!」

なんて、愛犬の口臭が気になったりしていませんか?

人間と同じで、ワンちゃんも歯磨きしないと口臭がきつくなりますよ。

そこで今回は、トイプードルの歯磨きについて調べてきました。歯磨きグッズのおすすめもご紹介させて頂きますので、どうぞご覧下さい。

Sponsored Links

トイプードルの歯磨きはいつからするの?

 

トイプードルなどの小型犬の歯は、隙間なく密に生えており、食べかすが歯と歯の間に詰まりやすくなっています。

そして、それを放置する事によって歯石化し、歯槽膿漏など歯周病に繋がっていきます。

 

歯周病は進行すると、歯の病気に留まらず、バイキンが全身に移行する事により内臓にも影響を及ぼし、心臓疾患、腎臓疾患などを引き起こす原因になります。

 

そうならないためにも愛犬への歯磨きはできるだけこまめにする必要がありますね。

 

トイプードルの歯磨きの練習は、乳歯の時期から始めましょう。

 

乳歯の時期から歯磨きをしても、永久歯に生え変わるので無意味と思われるかもしれませんが、人間と違い、犬にとって歯磨きは意味が分からないものであり、ハブラシを突然口に入れられるなど恐怖以外の何物でもありません。

 

そのため何のトレーニングも行わず成犬になってから歯磨きをしようとしても、激しく拒否をされる可能性があり、

無理をすれば、二度と歯磨きをさせてくれない上に、飼い主さんも噛まれて怪我をしてしまう恐れがあります。

 

そのため、出来るだけ小さな頃から歯磨きに慣れされる必要があります。

 

まずは口の中を触らせてくれるようにしていきましょう。

 

愛犬に声掛けをしながら口元をそっと触り、嫌がらずに口元を触らせてくれたらその都度褒めましょう。

慣れてきたら上唇をめくったり、奥歯を触ってみたりと、歯に触れる事に慣れさせていきます。

 

決して無理をせず、毎日トレーニングをする事が必要です。

 

慣れてきたら、最初はガーゼで口の中を拭く練習をし、歯全体を拭けるようになれば、ハブラシに移行してみて下さい。

ハブラシは慣れないと難しいですが、やはり歯垢を取り除くにはハブラシが一番です。

何度も言いますが、決して無理をせず、毎日少しずつ慣れさせて行く事が大事ですよ。

 

 

ガムの効果や人気おすすめの口コミ

 

犬用の歯磨きガムにも様々な物がありますが、効果を得る為には、犬にガムを与えっぱなしにするのではなく、飼い主さんが手でガムを持ち、しっかりガムを噛ませる事が必要です。

 

「歯磨きガム」といっても完全に歯磨きの代わりになるわけではありません。

 

しかし、ガムを上手に与える事によって、歯垢を落とす効果や、唾液の分泌を促し口臭などを防ぐ役割も果たしてくれます。

歯磨きの補助的な役割をするものとして、また、愛犬へのご褒美としても上手に使っていきたいですね。

 

さて、ここでおすすめの犬用ガムを2つご紹介したいと思います。

 

一つ目は、「ビルバックチュウ」と「ベジタルチュウ」という獣医師も勧めるガムです。

 

程よい硬さで、他のガムに比べると長い時間噛んでいてくれるようです。

また、酵素が配合されており、歯石を防ぐ役目をしてくれるとの事。口コミでも、「口臭予防に効果がある」「歯がきれいになった」など評判も良く人気の商品です。

 

2つ目は、「タフティーススティック」という、ねじり形状のガムで、低たんぱく、低カロリー、低脂肪でして、肥満で悩む犬も大丈夫との事。

 

とにかく嗜好性抜群のガムです。

口コミでも「口臭が改善した」「とにかく凄く喜んで食べてくれる」など、こちらもとても人気の歯磨きガムです。

 

まとめ

 

犬の歯磨き用グッズって本当に色々なタイプの物がありますよね。

歯磨きが苦手なワンちゃんの為に、口の中にスプレーするだけで歯石予防が出来ると言われるものや、飲み水に混ぜるだけで口臭が軽減するというものもあります。

 

人間にとっても、犬にとっても、歯磨きは一生付き合って行かなければならないものです。

だからこそ出来れば楽しみながら、健康な歯を守っていきたいですね。