冬の寒い時期、私たち人間はこたつや、ヒーターやストーブで暖を取り体を温めています。

ペットを飼っている方で犬や猫の冬に寝るときの暖房や室温対策で困っているという方も中にはいるのではないでしょうか。

トイプードルという人気の犬種はふわふわもこもこの毛で体を覆われています。夏は暑くて大変ですが、冬の寒さには強いのでしょうか。

実はトイ・プードルは熱さにも弱く、寒さにも弱いという何ともか弱い犬種なのです。トイ・プードルの防寒対策をしっかりと考えて冬を元気に越せるように工夫してあげましょう!

Sponsored Links

 冬を快適に過ごすために大事なこと

トイ・プードルという名前を聞くと、愛らしい風貌が浮かんでくるという犬好きの方やすでに飼っている方も多くいると思います。

何といっても犬種での人気はナンバーワン!そんなトイ・プードルの冬の過ごし方ですが、ちょっと気を付けてあげなければならない点がありますので、しっかり覚えておいてください。

 

暑さに弱いと思われがちなトイ・プードルですが、冬の寒さにも結構弱いという事実を知っていますか。

見た目の様子からふわふわの毛に覆われたトイ・プードルは冬の寒さには強そうには見えますが、冬の寒さへの防寒対策にもかなり気を遣ってあげないといけません。

冬の寒さの中を快適に過ごすためにはどのように対策をしてあげればいいのでしょうか。

 

冬の寝るときにできる防寒対策

トイ・プードルの防寒対策として、眠る時のベッドや室温や暖房をどのように設定してあげればいいのでしょうか。

ストーブやヒーターは人間もそうですが、ワンちゃんの体温の調子を悪くしてしまう可能性があります。

特に体温調節の苦手なワンちゃんは部屋の室温が高まりすぎてしまうと体調を崩したり、脱水症状を起こしてしまったりする場合が多いのです。

 

私たち人間にとっては、ちょうど良い室温でも、毛皮を一枚常に身に着けている状態でいる犬にとっては暑すぎる温度であるということもしっかり頭に入れて防寒対策を考えていきましょう。

 

人間は寒ければ羽織ることができるし、暑ければ服を脱ぐこともできますが、ワンちゃんには着せてあげることができても脱がしてあげることはできないのです。

例えば、眠る時はある程度温度のあるワンちゃん用のこたつなどがあります。

 

レンジでチンしてワンちゃんが眠るゲージやベッドに置いといてあげると、寒ければ自分からこたつへ寄っていきます。熱ければ少し距離を置いて眠るでしょう。

 

人間用のこたつはワンちゃんには暑すぎる場合があり、肉球が火傷してしまうことがあるので、ストーブやヒーターにはあまり近づけないようにしてあげましょう。

暖房は空気が乾かない程度にちゃんと喚起してあげてください。むわっとした部屋の中ではワンちゃんもぐたっとしてしまう可能性があります。

 

ワンちゃんが安心して眠れるベッド作りを

おうちによっては、ワンちゃんの眠る場所…ゲージやクレートや小屋などが決まっていて、眠くなったらそこへ戻って眠るというワンちゃんもいれば、飼い主さんのベッドや布団に潜り込んで一緒に眠るワンちゃんもいると思います。

 

特にトイ・プードルという犬種は基本的に人懐こく、甘えん坊な性格の子が多いのではないかと思います。

そういう子たちは飼い主寝床は、自分の寝床!とか思っちゃっているのかもしれません。人間と一緒に眠る犬もたくさんいますが、夏も冬もそんな心温まるベッドストーリーにもワンちゃんの体調を崩してしまう一つの原因になりうるかもしれません。

 

基本的に人間の体温より犬の体温は高いものです。

寒くなった冬にワンちゃんが横にぺったりくっついていると人間としてはあったかくてかわいいし、ベッドの中についついおいでといってしまいますが、人間がちょうどいい温度=犬にはちょっと暑い温度なのです。

 

そういう意味ではワンちゃんがちょうどいい状態で眠れるベッド作りをしておくことがベターなのではないでしょうか。

たとえワンちゃんがそのベッドで眠ってくれなくても、暑くなったらちょっと涼みにそのベッドへ行くとか、そんな感じでもいいのでワンちゃんが自分で落ちつけて体温調節をできる場所を作ってあげてみるのはいかがでしょうか。

 

まとめ

トイ・プードルをはじめ、ワンちゃんは寒さにもまた暑さにも弱い、とてもデリーケートな部分を持っている動物です。

冬の寒い時はなるべく早く散歩からも帰りたがるし、寒いと感じたたら人間の横にペタッとくっついて暖を取っていたり。体温調節がなかなか自分でできない犬にとって人間の暖房や室温の調整というのは本当にとっても大事なものだということをわかっていただけたら幸いです。