皆さんのお家にいるトイプードルは生後何か月ですか?

2か月かな?3か月かな?とっても可愛い盛りですね。

日々可愛くて仕方ない事と思います。しかし、一緒のお家で暮らしていく為に、やはりしつけは必要不可欠ですよね。

こんな小さいのだし、しつけとかまだ先の話でしょ!と仰る方もおられるかもしれませんが、いえいえ、しつけは

出来るだけ早い時期からが良いですよ?

さて、今回はそんなトイプードルしつけの時期についてまとめてみました。

Sponsored Links

しつけはいつから始めればいい?

スクリーンショット 2016-04-24 0.14.23

 

家庭で迎える子犬の月齢は大体が生後2~3か月ですよね。

この、生後2、3か月という時期は子犬が色々な事に興味を持ち始める時で、子犬が抵抗なくこちらの言う事を聞いてくれる事から、しつけには最適な時期です。

 

人間社会のルールを教えるのはとても大事な事でして、これが出来ていないと後々、人も犬も辛い思いをします。

 

さて、しつけをする為に一番大事な事は、信頼関係を築く事です。

貴方はその子犬を気に入ったからこそお家に迎えいれたのですが、犬は貴方の事を知りません。まずは子犬との絆を深めましょう。

それでは、子犬との絆を深めるためにするべき事は何でしょう?

答えは、名前を読んであげる事です。毎日何度も何度も優しく呼んであげて下さい。

 

最初は分からないので呼んでも知らん顔されて寂しくなりますが、毎日呼んでいれば必ず覚えてくれます。この、名前を呼ぶ行為が、人と犬との信頼関係を深め、この信頼関係こそが、この後行われる様々なしつけがうまくいく軸となります。

 

生後2、3か月の子犬は社会化期とされておりまして、好奇心が最も多い時期だと言われております。

その為、この時期に知らない人や犬、知らない場所など様々な物に慣れさせておく事が犬の社会化といって、今後の犬生にとても大事になってきます。

 

社会化期を何も刺激を受けず過ごしてしまったトイプードルの子犬は、後に色々な音や動物に反応し、俗に言う警戒吠えをするようになります。

 

時期はいつ頃が最適か?

スクリーンショット 2016-04-24 0.14.12

 

しつけは、トイプードルの子犬が人に抵抗を覚えない時期までが良いとされておりまして、それが生後3か月までと言われております。

 

トイプードルのような小型犬は生後4か月になると反抗期に入ります。

反抗期に入ると、今まで言う事を聞いていた子犬が急に態度を変え、ちょっとした事で飼い主さんに吠えかかったり、今まできちんと出来ていたトイレを失敗したりするようになります。

 

しかし、この時に飼い主さんが負けてひるんでしまうと、犬は調子に乗り、更にわがままを言うようになります。

いつも食べていたフードを急に食べなくなったからと言って、慌てて色んなフードを与えてしまうと、要らないって言えば違うのと変えてくれる=要求が通ったという事になり、主従関係も崩れていってしまい兼ねませんね。

 

体罰は厳禁ですが、甘やかしても犬の為にはなりません。毅然とした態度で振るまいましょう。

 

例えば、飼い主さんに唸ってきたり、トイレではない場所でわざとマーキングしてみたりと、飼い主さんをからかう、試すような事をしてきたら完全に無視をしましょう。

 

面倒くさいからと要求を通してしまうと、次も要求が通ると思いどんどんエスカレートしていってしまいますよ。

 

まとめ

 

犬には最適なしつけの時期があり、その大切さをお分かり頂けたでしょうか。

こうして考えて見ると、散歩で犬と楽しそうにしているあの人もこの人も、子犬に社会化を学ばせ、犬の反抗期の大変な苦労を経て今の愛犬との絆がある方なのでしょうか。

 

そう考えるとお互い苦労したんだなという思いから急に仲間意識が芽生えてきます。

育犬ノイローゼという言葉もあるくらい、子犬を育てるのは大変で、子育てとかぶる所もありますよね。

でも、だからこそ一人前に育ってくれた時の喜びもひとしお!なんてところも人間の子育てと同じですね。

 

では皆さん!今日も育犬頑張って下さい!