GWも終わり、これから蒸し暑くなる一方ですね。

お散歩時にトイプードルがハァハァと息をする季節の到来です。

皆さんは、夏場のトイプードルの留守番対策はどうされていますか?

エアコンは勿論の事、他にもトイプードルが留守時の暑さをしのぐ為のアイデアがあるのってご存じですか?

そこで今回は、これから訪れる暑い季節に向けてのトイプードルの留守番対策をまとめてみましたので、どうぞご覧ください。

Sponsored Links

トイプードルの夏場の留守番対策

 

トイプードルだけではなく、犬は全般的に暑さに弱い為、夏の留守番時には注意が必要です。

 

ちなみにトイプードルの適温は20℃~25℃位だと言われており、夏の室内でこの温度を保つ為にはエアコンは欠かせません。

たまに扇風機のみで暑さ対策をしている方がおられますが、犬に扇風機はほとんど効果が期待出来ません。というのも、人間が扇風機の風を涼しく感じるのは、汗が蒸発する際の「気化熱」より、体温が下がる為です。

 

一方、犬が人間のように汗を出せる場所(汗腺)は足の裏のみと言われております。

 

そのため、いくらトイプードルに扇風機をあてても表面温度は下がらず、あまり意味がないと言えます。

 

とはいえ、エアコンを併用する事で、扇風機は冷えた空気を循環する役割を果たしてくれるので、上手に使用すれば愛犬も快適に過ごせる上、節電にもつながりますので、扇風機とエアコンの併用はかなりお勧めです。

 

エアコン以外で簡単に出来る夏場の留守番対策

 

トイプードルの夏の留守番にエアコンは必須ですが、エアコンを使いつつ、それ以外にも簡単に涼しくなれる方法を挙げていきましょう。

 

まずは、遮光カーテンで日光を遮る。これは断熱効果もあり、部屋の温度の上昇を防ぎます。

 

そしてケージでお留守番させる場合は、日が当たる場所からケージを遠ざけましょう。

 

また、市販の暑さ対策グッズも沢山ありまして、人工大理石やアルミで作られた、犬が乗ると体を冷やしてくれるボードや、最近では「クールハウス」と呼ばれる、冷凍庫で冷やした保冷材をそのままセット出来るハウスなどもありまして、保冷材でハウスを冷やす上、壁に断熱材が入っている事から、快適な温度を保ってくれるとの事です。

 

また、自宅でも用意できる暑さ対策グッズとしては、ペットボトルや保冷材が大活躍します。

 

ペットボトルを凍らせ、それをタオルで巻いた物をトイプードルに与えると、クールピロー変わりになりますし、大きめのペットボトルを数本分凍らせ、それに扇風機をあてると涼感が得られます。

 

保冷材は、ハンカチなどで包み、トイプードルの首に巻いてあげてもヒンヤリ気持ち良いですし、先程の、体を冷やしてくれるボードの上に保冷材を置く事で冷たさが増し、更に快適な寝床になります。

しかし、保冷材の成分によっては誤って食べてしまうと大変危険な事もありますので、噛んでしまう犬には与えないで下さい。噛まない犬でも、安全の為に、使用する際はきちんと成分チェックをしましょう。

 

まとめ

 

夏は、愛犬とほとんど出掛けられなくなる寂しい季節ですね。

でも、犬と一緒に出掛けたいからなのか、家に置いていくと犬が鳴くからなのかは分かりませんが、夏に犬と一緒に車で出掛けた際、犬を車に残して買い物に行っている人がいますよね。

 

勿論すぐに戻ってくる方が大半だと思います。

でもその「ほんの少しの時間だから」が、犬の命を簡単に奪います。

エアコンをつけていても、停車中は効きが悪くなるので大丈夫とは言えません。

 

また、付けていたはずのエアコンがいつの間にか停止していて、熱中症で犬が死んでしまったなんて哀しい話も聞いた事があります。

夏に犬だけを車に置いて行かなければならない事態が想定されるなら、初めから連れて行かず、エアコンの効いた部屋の中で快適に留守番させてあげて下さいね。